トップへ

2012.06.19 「6月に台風が上陸するとは…」


列島を縦断した台風4号──。被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。


 

 

19日(火)、幸いにも私は札幌から無事に伊丹に飛ぶことが出来、朝日放送・毎日放送ともに、穴をあけずに済みました(^0_0^)

 

但し、18日に落語会で一緒だった吉の丞君は「札幌を満喫したい」と、飛行機の便を遅らせた結果、只今札幌で足止めを喰らっています。「どうや?」と心配メールを送ったところ、「札幌を満喫しています」とのこと。欠航しても結構楽しんでいるようですf(^_^) でも、その後、「たとえ今週いっぱい足止めを喰らっても、仕事に穴があかないことが心配です」とのメールが届きましたf(^_^;

 

いずれにせよ、6月に台風が本土へ上陸するとは…。太陽活動の変化が地球に影響を及ぼしているのか、景気悪化へのシナリオを天が嘆いているのか…イマイチよう分かりませんが、異常気象の一つであることは間違いないようです。

 

政情不安の時こそ、われわれ噺家が一丸となって、世の中に「笑い」を振り撒こうではありませんか(^ー^)

 

20日は私、塩鯛兄さんの門弟たちによる落語勉強会「鯛の学校」にゲスト出演します。東梅田の太融寺で午後6時半からです。どうぞよろしく!

 

おっとその前に、上方落語協会の風紀委員会があり、どうしても出席せねばなりません。なぜなら私、風紀委員長だからです。三枝会長からご指名を賜り、委員長の座に就きました。只今「米團治が風紀委員長であることこそ、風紀が乱れている証しではないか」との噂が流れています(^o^ゞ