トップへ

2012.05.10 「東西特選落語名人会 in 鹿児島」


9日(水)は鹿児島市の宝山ホールでの「東西特選落語名人会」に出演しました。江戸からは三遊亭円楽・柳亭市馬のお二人、上方からは桂文珍兄さん、そこに私が加わらせていただいての四人会。


鹿児島は本当に久しぶり。いや、去年の夏に「ふれあいコンサート」の司会では宝山ホールを訪れてはいるのですが、落語で呼ばれたのは十数年ぶりだったと思います。だから、少々不安でしたが、鹿児島のお客さまはとても温かく迎えて下さいました。ホントに嬉しいかぎり(^ー^)


『道具屋』楽大

『片棒』市馬

『はてなの茶碗』米團治

   〈中入〉

『一文笛』円楽

『老婆の休日』文珍


前座からトリまで皆よく受けました(^ー^) 打ち上げも大いに弾けました(^o^)/


  


鹿児島中央駅近くの居酒屋「黒豚百寛」で、薩摩の焼酎と数々の美味しい料理に舌鼓を打ちました(^q^)  お店の方が口々におっしゃいます。新幹線が鹿児島中央まで来るようになったことにより、鹿児島の街で大阪弁を耳にすることが格段に増えたと…。そして、品物を値切る人の姿が目立つようになったと…(^o^ゞ


新大阪から鹿児島中央まで4時間かからないんですからね。ホントに近くなりました☆


 


この会をプロデュースして下さったのは、円楽お兄さま。今日もご尽力下さり、ありがとうございました(^人^) そして、鹿児島音協、南日本新聞、アム・トゥ・ワン…、多くのスタッフの皆さんのお力添えのお蔭で、満員の盛況となったこと、改めて感謝申し上げます。


翌日は飛行機で羽田に飛びます。東京・明治記念館での「日本酒で乾杯推進会議」の100人委員会に参加するために(^ー^)