トップへ

2013.11.20 《「桂米朝一門会」 in 堺》


19日(火)、大阪府堺市の堺市民会館で第35回市民寄席「桂米朝一門会」が開かれました。


 

 

毎年秋に開催されてきた堺の市民寄席も35回目を迎えます。ということは、今年で35年──。行政主導の落語会としては、京都に次ぐ古さではないでしょうか。

 

考えたら、堺市民会館も古いよなぁ…と、調べてみたところ、1965(昭和40)年の竣工だとか。このホールは豊中や枚方の市民会館より古いのです。ひょっとして、関西一古いかも…。

 

ここの大ホールの奈落を歩く時、いつも歴史の温かみを感じます。


 

 

堺市長の竹山修身さんもお客様としてお越しになり、会場は大いに賑わいました(^0_0^)

 

『運廻し』 佐ん吉

『ふぐ鍋』 吉弥

『看板の一』 米團治

『火焔太鼓』 南光

    〈中入〉

『牛ほめ』 米ニ

『藪入り』 ざこば

 

この日は、ざこば&南光のお二人がとても精力的に演じられました(^o^)/

 

たっぷりと熱演されたので、相当時間が経っただろうと思いきや、『火焔太鼓』は30分、『藪入り』に至っては何と20分でした。

 

私にとって大変“時間価値”を感じたひとときとなった次第(^ー^)