トップへ

2013.09.11 《大阪木材工場団地協同組合で講演》


10日(火)、堺市美原区にある大阪木材工場団地の組合会館で講演をしてまいりました(^0_0^)

  

大阪木材工場団地協同組合とは、昭和37年に大阪市内を中心とした木材加工会社47社が木材の高付加価値創造を目的として作られた団体で、今は木材以外の企業もどんどん参入しているのだとか。

 

 

組合会館は3階建ての木造ハウス。そう言えば、3階建ての木造建築物って、案外少ないですね(^0_0^)


 

玄関には兵庫県篠山市の地中から出土した推定樹齢1300年の神代杉(シンダイスギ)がモニュメントとして飾られていました☆☆☆

 

今回は私、講師の先生として招かれたのです(^o^ゞ 講演のテーマは『対話があってこその人間づくり』。落語についての話や、修業時代の逸話、はたまた米朝事務所の人間関係などを織り混ぜながら、対話の大切さを論じたつもりです。ご来場の皆様、ありがとうございました(^人^)

 

この会は、最後に講師と一緒に全員で記念撮影するのがお決まりなのだとか。

 

私も組合の皆さんに交じってパチリ(^ー^)

  

日本の林業は、外国からの廉価木材の流入により、昔に比べるとかなりのご苦労がおありでしょうが、日本古来の循環型エネルギーシステムにヒントを得て、大いなる繁栄を目指して下さいね(^0_0^)