トップへ

2013.09.10 《川上のぼるさん、逝去》


日本の腹話術の第一人者であられる川上のぼる先生が、7日、心不全でお亡くなりになりました。83歳でした。

 

父・米朝が昔から川上のぼる先生と親しくさせていただいていたご縁で、私も気さくにお声掛けをいただいておりました。

 

米朝は事ある毎に「のぼるちゃんはいつまでも若いなぁ」と言うておりました。そうなんです。のぼる先生の高座はいつも若々しく、華がありました。ダンディーという言葉がピッタリな舞台姿でした(^0_0^)

 

腹話術の人形が広く一般の人に使われるようになったのも、のぼる先生が居たればこそだと思います。誰からも好かれていたのぼる先生!

 

私は9日のお通夜に参列いたしました。


 

 

柩の横に座っている人形がとても可愛く、また切なく感じました。

 

腹話術師として跡を継いでいる次男の川上じゅん君の言葉が、参列者の心を打ちました。

 

お父さんの魂はしっかりとじゅん君に受け継がれていると確信しました。

 

皆さん、じゅん君の高座もいいですよ。お父さんに似て、とてもお洒落で上品。その上、お父さん以上の独創性を持っています☆☆☆

 

のぼる先生、これからはゆっくり天国で見守っていて下さいね。持ち前の笑顔を絶やすことなく(^ー^)

 

心より先生のご冥福をお祈り申し上げます☆☆☆