トップへ

2013.08.06 《動楽亭昼席の舞台番は、イケメン!》


5日(月)、6日(火)は大阪・西成の動楽亭昼席に出演しました。


 


真夏の昼下がり──、酷暑をさけるべく、涼を求めて2000円を払い、クーラーの効いた動楽亭へ涼みに来る人が多いようです(^0_0^) 笑いに来るというよりは、休みに来るという人が(^o^ゞ


したがって、演者のほうも客席の空気を感じてお喋りをしなければなりません。いきなり、がなり立てると、逆効果になることがあります。初めはセラピストになったつもりで、いかに癒しを提供するかという気持ちで喋ることが大切です。


まぁ、いずれにせよ、暑い中のご来場、まことにありがとうございました(^人^)


この二日間の演目は次の通り。


[5日]

『動物園』團治郎

『地下鉄』しん吉

『にょろにょろ』吉弥

『片棒』わかば

   〈中入〉

『足上がり』米紫

『青菜』米團治


[6日]

『手水廻し』そうば

『代書』雀太

『鉄道スナック』しん吉

『千両みかん』米團治

   〈中入〉

『いらち俥』わかば

『蛇含草』雀三郎


ところで、動楽亭昼席の舞台番は基本的に桂あおば君です。ざこば兄さんの一番下のお弟子さん──、彼のイケメンぶりは噺家の間ではつとに有名で、先日、鶴瓶兄さんの計らいで「上方で一番男前の落語家」として、フジテレビの「いいとも」に出たほどなのです。


 


そんな彼とツーショット写真を撮ってもらいました(^0_0^)V


小池哲平似のあおば君を見たい方は、是非、動楽亭にお越しあれ(^0_0^)  彼は今のところ、名ビラや座布団を返すだけで、殆んど喋りませんが…。でも、だからこそ、安心です。喋ると、時々あほばになるので(^o^ゞ