トップへ

2013.06.02 《桂米團治独演会 in 益田》


1日(土)から2日(日)にかけて、島根県西部で私の独演会が開催されました。1泊2日、石見の旅(^0_0^)



1日は益田市にある島根県芸術文化センター、グラントワでの開催。ここには私、二年前に「米朝一門会」で来たことがあるのですが、その時はドカ雪の日でした(^o^ゞ 今回は新緑の中を旅します(^0_0^)

 

但し、大阪から益田へは交通の便があまり良くありません。伊丹空港~萩・石見空港には就航が無いので、新幹線で広島まで行き、そこからジャンボタクシーで益田まで走ることになるのです。でも、同行のメンバーが歌之助、團治郎、米輝、大川貴子、滝川マネージャーという賑やかな顔ぶれなので、二時間のタクシー移動があっという間に過ぎました(^o^ゞ

 

神社好きの私は皆を誘って、会館近くの染羽天石勝神社にお参り。


 

 

ご祭神は天石勝命(アメノイワカツノミコト)。天石勝命とは聖武天皇の御代、725(神亀2)年にこの地を開拓した春日族の始祖にあたる神様だそうです。858(天安2)年に正一位を授けられたんだとか。


 

 

お社の奥の磐座(イワクラ)が神秘的でした。


 

 

参詣を済ませ、会館に到着した途端に雨が降りだしました。「この地で初めての独演会に際し、これは浄化の雨なのだ」と納得し、舞台準備にかかります。


 

 

美味しい楽屋弁当で腹ごしらえ(^q^)

 

雨にも拘わらず、沢山の人がお越し下さり、感激! 一生懸命高座を勤めました。

 

『動物園』團治郎

『狸の賽』米團治

『片棒』歌之助

『はてなの茶碗』米團治

   〈中入〉

『桃太郎』米團治

「寄席の踊り」米團治

 

急遽、最後に寄席に伝わる「桃太郎」という踊りを披露させていただきました。

 

お蔭さまで会場は大いに盛り上がり、益田での初めての独演会は成功裡に終了☆☆☆

 

ご来場の皆様、ありがとうございました(^人^) ご感想をお寄せ下されば幸いです。

 

終演後は、館長の末成さんをはじめ、スタッフの方々とともに小宴を開始(^0_0^)


 

 

場所は益田駅に程近い地産地消の店「たんぼ」。


 

 

「扶桑鶴」という地酒とともに味わう地元の海の幸(^q^)


 

 

見たこともないほど大きな蛤(ハマグリ)。


 

 

「かめのて」という珍しい貝。


 

 

その後、数々の郷土料理に舌鼓を打ち、皆、大満足。なんと3時間も談笑し、すっかり酔いたんぼになった我々ですf(^_^;

 

滝川マネージャーはスタッフチームと二次会へ。

 

噺家チームは私の部屋で飲み直し。


 

 

アミノ酸等が入っていないカルビーのポテトチップス「Olivee」を片手に、ご機嫌の歌之助くんと貴ちゃんf(^_^)

 

和気藹々とした空気とともに、益田の夜は更けて行きました☆☆☆