トップへ

2013.05.30 《昼は観劇、夜は出演。銀座を堪能》


29日(水)は、銀座で観客と演者の両方を勤めました(^0_0^)

 

 

昼間は、ル・テアトル銀座で始まった黒柳徹子さんの「さよなら! ル・テアトル銀座」という冠のついたお芝居『ステラとジョーイ』を観劇。

 

黒柳さんはこの劇場で26年間、喜劇を上演し続けて来られました。劇場閉館のため、これが最終公演となります。

 

実は、長年共演されてきた高橋昌也さんが肺炎のため、今回急遽降板となり、大森博史さんが代演を勤めることに…。

 

黒柳さんは開演前にカゲアナでその旨を観客に真摯に伝え、でも、きっちり笑いを取って、会場を和ませたのです。さすが徹子さん!

 

熱演の舞台を終え、カーテンコールで登場された時、高橋さんのお詫びのお手紙を朗読され、再び大森さんを舞台に呼んで労を労われました。

 

私は大女優の細やかな心配りに感動! 幾つ何十になっても、こんな心配りのできる芸人でありたいなぁと、晴れやかな気持ちで劇場をあとにしました。

 

さぁ、夜は私がお客さまを楽しませる番です。


 

 

千代田区内幸町にある内幸町ホールでの「JAL名人会」への出演。ここで喋った内容が後日、飛行機の中で聴けるという、あれです。

 

お客さまを楽しませるには、自分が楽しい実感を持つことが肝心(^ー^) この日は色物もふんだんに入り、実に和やかな雰囲気で進んで行きました(^ー^)

 

『運廻し』おじさん

『のっぺらぼう』可女次

「コント」インスタントジョンソン

『くしゃみ講釈』米團治

    〈中入〉

「漫才」Wコロン

『子別れ』志ん輔

 

最後は古今亭志ん輔兄さんが『子別れ』を熱演。

 

ご来場の皆様、ありがとうございました(^人^)

 

この模様は、近いうちに日航機で聴けると思います。日程が決まったら、またお知らせしますね☆