トップへ

2013.05.20 《大阪市内、三つ掛け持ち》


19日(日)、大阪市内の落語会を三ヶ所回りました。いやいや、芸人冥利に尽きます(^0_0^)


 

 

まずは、大丸心斎橋店のお得意様対象の落語会。北館14階の大丸心斎橋劇場で落語を聴いて、レストランフロアーで昼食を摂り、そのあとゆっくりお買い物をするという企画。このイベントに米朝一門が招かれたのです(^0_0^)

 

大丸心斎橋店の店長、澤田太郎さんが直々に出迎えて下さり、和やかな雰囲気の中で落語会が始まりました。

 

私は大丸のすぐ傍、南炭屋町で生まれ、心斎橋筋商店街を歩くのが日課であった話をマクラで振ってから本題へと移行。

 

『犬の目』佐ん吉

『七段目』米團治

『子は鎹』ざこば

 

大丸の上得意様も、大いに楽しんで下さったようでした(^ー^)

 

私はこの日ばかりは食事も買い物もすることなく、次の会場であるウメキタへ急行f(^_^;


 

 

先月、華々しく開業したグランフロント大阪。その北館4階にあるナレッジ・ホールのこけら落とし公演。ここでも米朝一門が招かれました(^人^)

 

米朝一門による落語もさることながら、今回の眼目は何と言っても米朝アンドロイドによる落語の実演! 昨年のサンケイ・ブリーゼでの披露目の時は、狭いブース内での実演でしたが、今回は舞台上での口演。音声技術もかなりヴァージョンアップしたのだとか(^0_0^)

 

こけら落としに相応しく、大入満員の賑わいです(^人^)

 

まずは鏡開きでスタート。木槌を手にされたのは次の5人の方々。

米朝アンドロイドの生みの親、大阪大学工学部教授の石黒浩氏。

ナレッジ・キャピタル代表理事の宮原秀夫氏。

オリックス不動産株式会社代表取締役社長、山谷佳之氏。

そして、桂ざこば、桂雀三郎のご両人。

 

鏡開きが滞りなく済み、落語会の開演──。

 

『みかん屋』ひろば

『七段目』米左

『野崎詣り』雀三郎

   〈中入〉

『稽古屋』米團治

『肝つぶし』ざこば

 

五席続いた後、一旦幕を締め、米朝アンドロイドのスタンバイ。ざこば兄さんと米左くんが幕前で座持ちをし、ひとしきり笑いを取ったところで、いよいよアンドロイドの登場!

 

でも、私はこれを見ることなく、次の会場へ急行しましたf(^^;


 

 

この日は一週間続いた天満天神繁昌亭昼席の千穐楽。こちらも大入の盛況でまことに嬉しいかぎり(^ー^) ご来場、ありがとうございました(^人^)

 

三ヶ所掛け持ちしても、まだ午後4時15分。実に、効率よく回らせていただきました。久しぶりに芸人らしさを実感。

 

「これだけ回ったのに、まだ明るいなぁ。でも、千穐楽やし、ちょっとだけ飲みに行こか」と、今席のメンバーとともに、繁昌亭近くの居酒屋「さくら水産」で乾杯\(^o^)/

 

後で聞いた話ですが、ウメキタの米朝アンドロイドも小咄『たけのこ』を口演し、しっかり笑いを取っていたそうです(^ー^)


 

 

なお、米朝アンドロイドは6月16日までグランフロント大阪北館3階のナレッジ・キャピタル「アクティブ・ラボ」で展示されています☆☆☆

 

ところで、アンドロイドの製作には実に多くの方々のご協力を賜りました。改めてお礼を申し上げますm(__)m

 

学校法人「滋慶学園グループ」の総長、浮舟邦彦さんもその一人。


 

 

過日、大阪・島之内の小料理屋「里味」でご馳走になった時の模様です。ありがとうございました(^q^)