トップへ

2013.05.04 《初めての「米團治・春蝶二人会」》


盛岡市のわんこそばの東家本店から桜便りが届きました(^0_0^)


 

 

綺麗ですね(^ー^) ようやく満開になったとのこと。関西と東北では開花に1ヶ月も差があるんですね。特に今年はなかなか暖かくならず、北海道では5月になってからも雪が降ったり…日本列島はやっぱり長いんやなぁ。

 

でも、大阪はのどかな行楽日和が続いています(^0_0^)

 

3日は私、千日前のトリイホールでの「米團治・春蝶二人会」でした。春蝶君とは初めての二人会。彼は私より17も年下、芸歴も16年違う後輩ですが、最近の活躍ぶりはめざましいかぎりです☆☆☆

 

この日は、お互いたっぷり二席ずつの競演となりました。

 

『いらち俥』團治郎

『権助提灯』春蝶

『子は鎹』米團治

   〈中入〉

『稽古屋』米團治

『明日ある君へ』春蝶

「お楽しみ抽選会」

 

トリは春蝶君が『明日ある君へ』という創作落語を披露。知覧の特攻隊を題材にした感動の逸品! 客席のあちこちからすすり泣く声が聞こえてきました。

 

初めての二人会は大盛況のうちに幕を閉じました(^ー^)


 

 

終演後は、同ビル2Fの「徳家」でハリハリ鍋で打ち上げ。「今日はあまり飲まへんさかいな」と言いつつも、気づけば、ビールと日本酒で大はしゃぎ。二軒目の洋酒の店「路」ですっかり出来上がってしまいましたとさ(^o^ゞ