トップへ

2013.04.06 《名古屋の「桂米團治独演会」、無事終了(^ー^)》


5日(金)、私はハラハラ・ドキドキしていました。何しろ、NHKの気象情報で「明日は急速に発達する低気圧の影響で台風なみの大荒れの天気になります」と繰り返され、全国のニュースでは「明日のお出掛けは控えて下さい」とまで言われたのですから。

 

お~い! 明日は俺の独演会があるねん。何もそこまで言わんでもええやないか…と、テレビに突っ込みを入れながらも、不安は募るばかり。

 

人員を削減し、各地の測候所も次第に閉鎖の方向に動き、コンピューター・データをとみに重要視している気象庁──。その結果、以前より予報が外れることが多くなっているんだけれどf(^^;  しかし、今回は確信を抱いての報道のようです。

 

独演会の開演時刻は午後1時半。前線の通過時刻がお昼過ぎ。

 

あぁ、どうしよう。予報が出るだけで事前運休や事前欠航が下される傾向にある今日この頃──。果たして新幹線は動くのだろうか? いや、それ以前に独演会を開くことができるのだろうか? という不安に苛まれました。

 

そこで私は──、ええい! 困った時の神頼み☆☆ 「明日、新幹線が止まりませんように」と天の神様にお願いしました。

 

でも、私の力では危ういかも…と、神社参拝仲間の明神さんに「低気圧の進行を遅らせて!」とメールで懇願。「わ、わかりました。やってみます…」との返事。

 

そして、私の友人である奥田かんな女史にも「お祈りして!」と頼みました。すると、彼女からは「会場へお越し下さるお客様の安全をお祈りします☆」とのメールが返って来ました。

 

信じるか信じないかは、あなた次第!

 

6日(土)の昼間、低気圧の進行速度が鈍り、雲の塊は南にずれて行きました(^0_0^)


 

 

我々一行は予定通りの列車で名古屋に到着。


 

 

栄にあるメディアパーク11階のアートピアホールは、変わらぬ笑顔で我々一行を迎えてくれました。


 

 

いざ、開演──。

 

幕が上がるなり、割れんばかりの大拍手!

 

陽気なお客さまに囲まれ、出演者一同、楽しく舞台を勤めることができたと思います(^ー^)

 

『普請ほめ』二乗

『稽古屋』米團治

『明石飛脚』しん吉

『子は鎹』米團治

   〈中入〉

『淀の鯉』米團治

 

ご来場の皆様、本当にありがとうございましたm(__)m また、感想をお寄せ下されば幸いです(^0_0^)

 

今日は『稽古屋』『明石飛脚』『淀の鯉』と、ハメモノの入るネタが並びました。三味線の大川貴子さん、お疲れさま(^0_0^)

 

全国的に荒れ狂う空模様の中、名古屋で独演会が無事に開催できたのは“奇跡”と言うほかありません。天の神様、ありがとう(^人^)

 

今夜から明日にかけて、また空模様が荒れるとのこと。皆さん、お気をつけ下さいませ☆