トップへ

2013.03.11 《桂米團治の会 in べにや》


10日(日)は福井県あわら市の温泉旅館「べにや」での私の落語会がありました。

 

福井県唯一の温泉地、芦原温泉──。あの石原裕次郎さんがこよなく愛した旅館「べにや」での落語会も、もう10年になるんだとか。当初は師匠の米朝が出演しておりましたが、私が米團治を襲名した頃から、私と女優三林京子こと、桂すずめさんで繰り広げる形が定着化しました。

 

この日は、JR湖西線が強風のため通行止めとなり、特急サンダーバードは米原を迂回し、50分遅れで芦原温泉駅に到着。

 

でも、開演には支障をきたさず、逆にそれをマクラに喋らせていただきました。「湖西線が無かった頃は、大阪から北陸へ行くのは米原経由があたりまえだったんですよ」とね。湖西線が開通したのは私が高校1年だった昭和49年7月20日のこと。私はその時のことをよく覚えています。国鉄の時刻表の表記が大幅に変わったんです。考えたら、私も年を取りました(^o^ゞ

 

さて、「べにや」のご主人のご挨拶のあと、和やかな雰囲気のうちに落語会が始進みました(^0_0^)

 

「ご挨拶」米團治&すずめ

『看板の一』米輝

『親子茶屋』米團治

   〈中入〉

『厩火事』すずめ

『足上がり』米團治

 

ご来場の皆様、まことにありがとうございました(^人^)

 

ちなみに、すずめさんの『厩火事』は今日がネタおろしでした。ざこば兄さん直伝の夫婦の情愛を描いた噺を闊達に口演。最後のほうの「愛しています」というセリフには、ドキッとさせられましたf(^ー^;

 

沢山のお土産を頂き、再び米原経由で帰阪。


 
「べにや」の玄関で、ご主人・女将さんとともにポーズを取るすずめさんと私。

 

高座でも申しておりました通り、次回は終演後、芦原温泉の芸者さんと遊びますね(^ー^)

 

で、再び50分遅れで新大阪駅に着いて、ビックリ。めっちゃ寒いよぉ~。これから寒の戻りだとか…。皆さん、風邪引かないように気をつけて下さいね☆