トップへ

2013.02.04 《桂米團治独演会 in 京都,on 節分》


3日(日)は節分──。今年も私は寝屋川市香里園にある成田山の大阪別院の節分祭に招かれ、豆撒きに参加しました。


 


総本山は千葉県成田市にある成田山新勝寺。この真言宗智山派である成田山を、商都大阪の鬼門(北東)にあたる寝屋川市に勧進して建てられたのが成田山大阪別院。
 
ここは毎年、朝ドラ(NHK連続テレビ小説)の主だった役を勤める俳優達がやってくることで有名なのですが、今年は日曜日、しかも申し分ないほど穏やかな晴天に恵まれたとあって、境内には溢れんばかりのお客さんが詰めかけました。

『純と愛』に出演中の夏菜、城田優、風間俊介のお三人が登場するや、境内は割れんばかりの拍手と歓声の渦\(^o^)/


 


成田山では「鬼は外」とは言いません。鬼は追い出すのではなく、改心させるのだという意味合いからだそうです。「福は~内!」の声で豆撒きが始まります(^0_0^)
 
“朝ドラ”三人組の横で豆を撒くのが、芸人メンバー。宮川大助・花子・さゆみ、ぼんちおさむ、桂福團治、桂文福、そして私のお笑い五人組が賑やかに豆を撒き、愛想も振り撒きました(^o^ゞ


 
控室でも、やたらと騒がしいお笑い男組。


そうそう、成田山別院には京阪電車がつきもの。五代目おけいはん、中之島けい子さんも明るい笑顔を振り撒いておられました(^ー^)
 
また、境内の豆撒きの前に行われる明王院での豆撒きには、茶道裏千家の前家元である千玄室さんもお見えになりました。私にも気さくに話しかけて下さり、先日の初釜の話で大いに盛り上がりました。大宗匠は90歳の今も本当にお元気でいらっしゃいます☆☆☆ あやかりたいなぁ……。心底、そう思いました☆☆☆
 
さて、不動明王の功力を頂いた私は、その足で京都へ向かいました。今日は京都府立文化芸術会館での独演会。


 
八坂神社にもお参りし、北へ北へと上がります。


毎年恒例の京都ミューズ主催による桂米團治独演会。今回は補助席も並ぶ大入りの盛況(^ー^)
 
『初天神』鯛蔵
『七段目』米團治
『明石飛脚』しん吉
『厄払い』米團治
   〈中入〉
『不動坊』米團治
 
会場は終始、温かい雰囲気に包まれていました(^ー^) 陽気なお客様に支えられ、無事に三席勤めることができ、感謝感激! しん吉くんも鯛蔵くんも、最高に弾けてくれました(^0_0^)  私のトリネタ『不動坊』では少し粗さが見えたかな(^o^ゞ よろしければ、メールにてご感想をお寄せ下さい! ご来場まことにありがとうございました(^人^)


 
暮れなずむ京都に燦然と聳える東寺の五重塔。今日もお守り下さり、ありがとう!


帰宅後は、二人の内弟子(米輝・慶治朗)とともに、巻き寿司を頬張りました(^q^)  まずは、私──。


 
今年の恵方、南南東を向いて、巻き寿司をまるかじり!


食べ終わるまでは一言たりとも喋ってはなりません。喋らずに食べ切ったら、運気が上がる。途中で喋ったら、運気は下がる──。私は無事、完食(^q^)


 
続いて、米輝と慶治朗──。


私がふと、いたずら心を出して、「あ、ゴキブリや」と言った途端、米輝が「わぁ~★▽∴∂!」。


 
彼は蟻が来ても逃げ回る虫嫌いの男なのです。


米輝、すまん。開運は来春以降や(^o^ゞ