トップへ

2012.11.23 「戦国スペクタクルロマン『永遠の桜』に感動!」


22日(木)は、大阪・御堂会館大ホールで行われたお芝居を観に行きました。

 

はやみ甲“作・演出”による『永遠の桜』。瀬戸内美八・高汐巴・洋あおい・えまおゆう・こだま愛・未央一…といった元タカラヅカやOSKのトップスター達が集まっての大舞台。


 

 

筋立てがとても分かりやすく、しっかり描かれているので、どんどんと引き込まれて行きます。戦乱の世にまことの愛を貫いた武将の純真な生き方と、子を想う親の心に涙が止まりませんでした。

 

これは「人と文化の交流会」主催の公演で、私はミミちゃんこと、こだま愛さんからご案内をいただいたのですが、22日、23日の二日間だけの開催。もっと長くやる価値は充分あるよなぁと思った次第☆☆☆

 

終演後は、船場センタービル10号館B1Fの船場茶屋小路の居酒屋「むつ美」で一杯やりました(^ー^) 

 

このフロアーは別名“女将小路”とか“女将横丁”と呼ばれている呑み屋街で、会社帰りのサラリーマンの方々を中心に賑わっています。

 

この日はたまたま隣り合わせたシャープの営業部の三人組と意気投合し、「IGZOが起死回生となるよう祈っています!」とエールを送りました(^0_0^)

 

シャープが大阪の会社であることは知っていましたが、西田辺に本社があることは知りませんでしたf(^_^; どうぞ、これからも笑顔でおきばりやす(^ー^)

 

居酒屋「むつ美」は付きだし、おでん、焼きそば…と、何でもないようなメニューなんだけど、とても美味しかった(^q^)  特に、この日出された福島県喜多方の日本酒「奈良萬」はとても飲みやすかったです(^q^)