トップへ

2012.11.16 「東西新世代名人会 in 松山」


13日(火)、愛媛県の松山市総合コミュニティーセンターにて「東西新世代名人会」が開かれました。

 

柳家喬太郎、柳家三三、桂吉弥、そして私の4人がタッグを組んで一席ずつ喋る競演会。

 

実はこの日、松山市内は急な嵐に見舞われ、伊丹発の飛行機は条件便でした。実際、我々の到着の一時間前の飛行機は松山空港に降りられず、広島に降りたのだとか…。我々は実にラッキーでした。多少の揺れはあったものの、綺麗にランディング。でも、タラップを降りると、とても強い風が吹いていました。


 

 

着陸できて、よかったよかった(^0_0^)

 

でも、少しあとの羽田組は松山上空で45分旋回したそうです。その時の機内オーディオ「全日空寄席」の番組が談志師匠の『死神』だったので、生きた心地がしなかったとか(^o^ゞ

 

でも、全員無事に到着し、ひと安心。めでたく、開演いたしました!

 

ところで、今回のタイトルである「東西新世代名人会」──。まず“名人会”というネーミングに面映ゆさを感じ、次に“新世代”という文言に「俺は旧世代やろ…」との疎外感を覚えてしまいましたf(^_^;

 

でも、松山のお客様は我々を温かく迎えて下さり、冒頭の4人のご挨拶で、舞台と客席がいい具合に和み、それぞれが個性豊かな高座がスタート(^0_0^)

 

『狸の賽』團治郎

『青菜』吉弥

『抜け雀』喬太郎

   〈中入〉

『浮世床』三三

『七段目』米團治

 

ご来場の皆様、ありがとうございました。

 

今回も楽屋にいろんな食べ物が届きました。その中の一つに、吉弥のお客様から届いた四国中央市の銘菓「霧の森大福」──、行列に並ばないと買えない人気商品だとか…。めっちゃ美味しかった(^q^)


 

 

中味も写真に撮ろうと思った時には、みなすでに口の中でしたf(^_^;

 

終演後は、主催の愛媛朝日放送のスタッフの方々とお食事をし、二次会は松山検番のお茶屋「乙鳥(ツバクロ)」で小宴を楽しみました(^ー^)

 

おしゃれな街、松山最高!