トップへ

2012.09.29  「大阪で二つの独演会、吹田と中之島」


26日(水)、地元・吹田メイシアターでの「桂米團治独演会」は、温かいお客様に囲まれて、和やかに舞台を勤めることができました。

 

『軽業』團治郎

『青菜』米團治

『宗論』米紫

『まめだ』米團治

   〈中入〉

『不動坊』米團治

 

今回も多くの方々にご来場賜り、心より御礼申し上げます。地元の公演ということで、ご近所の方々や私の旧友、はたまた妻のお友達など、個人的な知り合いの方々もたくさん詰めかけて下さいました。感謝(^人^) また、この日は、膝替わり(助演)を勤めてくれた米紫君が大いに高座を盛り上げてくれました! 私は『不動坊』でちょっとリズムが乱れましたが…(^o^ゞ

 

そして、翌々日の28日(金)には、朝日新聞大阪本社が自社ビルで定期的に開催している「アサコム寄席」に出演。これは新聞購読者への文化事業の一環で、往復はがきの公募による招待落語会。定員をはるかに越える応募があったというスタッフの一言に気を良くした(単純な)私は、一所懸命高座を勤めました(^0_0^)

 

『看板のピン』米輝

『動物園』團治郎

『七段目』米團治

   〈中入〉

『はてなの茶碗』米團治

 

実は、「アサコム寄席」は今回が最終回でした。尤も、現社屋での最後という意味です。かねてより、建て替え中だった大阪・中之島のフェスティバルホール。来年4月の営業に向けて、着々と工事が進んでいるのですが、新しくできるフェスティバルホールの上に朝日新聞社が入り、そこに200人サイズのアサコムホールが作られるのだとか…。したがって、アットホームな空間でのアサコム寄席はこれが最後ということになりました。

 

二つの独演会──吹田メイシアターとアサコム寄席で、私は今回、噺のマクラで韓国語の挨拶と中国語の歌「我愛北京天安門」を披露しました。竹島や尖閣諸島など、昨今の領土問題がうまく解決しますようにとの願いを込めて──。お蔭さまで大きな拍手を頂戴しました(^_^ゞ

 

そして、その後、夢のようではあるけれど、あとに尾を引かない領土問題解決策を高座でまくしたて、かなりの賛同をいただきました☆☆☆ ホントに凄い話です! その内容を知りたい人は…近々の落語会にお越しあれ(^ー^)

 

月末から月初めにかけて、私は台風とともに大阪~東京を往復しています(^ー^)