トップへ

2012.09.17 「関西二期会ゴールデン・ガラ・コンサート in 大阪」


この連休は「関西二期会ゴールデン・ガラ・コンサート」の舞台で、いい汗をかきました!


 
本番前に「今日もがんばろう」と、気合いを入れる出演者たち(^0_0^)


16日(日)は和泉市の弥生の風ホールで、17日(月)は池田市のアゼリアホールで開催。


第1部は、私が扮する活動弁士の述懐と関西二期会の方々の歌によって綴る「Musical Of Silence 弁士の物語」。小鉢誠治さんの脚本により、大正から昭和にかけての活動写真(無声映画)全盛の頃にタイム・スリップしていただきました☆☆☆


第2部は、関西二期会のメンバーによるオペラ・アリアを中心とした華やかなステージをお届けしました♪♪♪


ちなみに、ガラ・コンサートのガラ(Gala)とは、「祝祭の」とか「特別の」という意味の言葉です。英語でもイタリア語でもフランス語でもドイツ語でも“Gala”。語源としてはラテン語のGala(ガーラ)から来ています。最近は日本でも「ガーラ湯沢」などと、地名に使われるようになりました。


つまり、ガラ・コンサートとは「祝祭的な特別のコンサート」という意味。一つのオペラを全編演じるのではなく、いろんな有名なアリアを美味しいとこ取りで提供するというわけです。


 
コンサート・マスターの執行恒宏(シギョウ・ツネヒロ)さんと。



建物の外の喫煙スペースで、オーケストラの喫煙グループと。


この二日間、船橋洋介さん指揮、関西二期会オペラアンサンブルの演奏の中、私自身とても心地よいひと時を過ごさせていただきました(^ー^)


 
本番が終わり、関西二期会の皆さんと一緒に(^0_0^)  尾崎比佐子さん、愛らしい相手役をありがとうございました♪



ベルリンと東京に居を構える指揮者の船橋洋介さんと(^ー^) 新婚でいらっしゃいます。綺麗な振り方が印象的でした♪



日紫喜恵美さんとは「おぺらくご」以来の共演。今日も『春の声』、素敵でした♪



コレペティ(オペラのピアノ)の殿護弘美さん。稽古の時から、色々ご指導ありがとうございました♪


ご来場の皆様、まことにありがとうございました! また[メール]で感想を送ってやって下さいませ(^人^)