トップへ

2012.09.03 「ゴールデン・ガラ・コンサート、盛況のうちに終わる」


2日(日)も大阪・生國魂神社での「彦八まつり」は盛大に進み、無事に終わりました(^0_0^)


 

 

私は午前中で境内を後にし、一路、和歌山県田辺市に向かいました。紀南文化会館での「関西二期会 ゴールデン・ガラ・コンサート」の本番です。

 

第1部は「Musical Of Silence 弁士の物語」と題する“語り”の世界。ときは昭和初期──。まだ映画に音が無かった頃、サイレント映画、すなわち活動写真の上映には必ずストーリーを説明する弁士が要りました。その弁士に憧れた一人の少年の物語。その弁士に私が扮し、オーケストラの音楽、関西二期会の皆さんの歌声とともに、人生を振り返るという筋立てです。


 
活動弁士になりきる私。

 

自分で言うのもおこがましいですが、とても感動的な作品となりました☆☆☆ 何より、小鉢誠治さんの脚本がとても良い! 素直に台詞を言うだけで、自然と弁士の心情に入って行けるのです。そこに船橋洋介さんの指揮による演奏が心地よく交わり、とても気持ち良く演じることができました(^ー^) 客席からも大きな拍手と歓声をいただきましたm(__)m

 

第2部は、私の司会で関西二期会の皆さんによるオペラアリアが披露され、とても華やかに終えることができました(^ー^)

 

初日の公演が無事に終わったということで、その夜は関西二期会の歌手の方々と、紀伊田辺駅近くの居酒屋「膳」で乾杯(^o^)/


 
美味しい料理に舌鼓を打つ出演者たち(^q^)


 
晴れちゃんこと、晴雅彦さんと、上機嫌の私。

 

翌日(3日)は橋本市へ移動しての公演です。田辺市を離れる前に、闘鶏神社でお参りをし、神氣を沢山いただいてから橋本市に向かいました。(そこで宮司さんから興味深い話をいろいろと伺いましたが、その話はいずれまた!)

 

2時間ほどのドライブで橋本市産業文化会館に到着。ここでもお客さまの温かい空気に包まれて、和やかに舞台を勤めることができました♪

 

田辺と橋本のお客様、ご来場ありがとうございました(^0_0^)  ご感想をメールでお寄せ下されば幸いです。


 

 

次回は16日に和泉シティプラザ、17日に池田アゼリアホールで行います。お近くの方、よろしかったらご高覧のほどを!