トップへ

2012.09.01 「彦八まつり初日、無事終了」


1日(土)は大阪・生國魂神社にて、林家小染実行委員長のもと、第22回彦八まつりが賑々しく行われました!

 

オープニングはキダタローさんをゲストにお迎えして盛大に開催(^0_0^)  そこで噺家有志28名が落語を讃える歌『エブリディ KAMIGAKA‐RAKUGO』を披露しました。この歌は今年の彦八まつりに合わせて作られたもの。桂三枝改め、六代目桂文枝会長が詩を作られ、それにキダタローさんが曲を書いて下さったのです。そして、桂三風くんの奥様であるピアニストの江村香織さんが編曲し、素敵な四部合唱の曲に仕上がりました♪ 私も音程を取るのに苦労しながら、稽古に励みました。そして、いざ本番──。歌い終えた時、境内のお客さんから大きな拍手が沸き起こりました(^ー^)


 

 

上方落語協会副会長としてオープニングの言葉を述べられた後、歌を傍で聴いておられた鶴瓶兄さんも「これはちょっと凄いで」と感心して下さいました。まさに「落語家に乾杯!」といったふうf(^_^;

 

一回で終わらせるのは勿体ないという話になってきており、これから何ぞの時には歌われることになりそうです(^0_0^)

 

さて、その後、私は三田市での「光円寺寄席」に向かいました。毎年一回この時期に開催している光円寺寄席も第11回を数えます。今回も沢山のお客さまで賑わいました(^ー^)

 

『つる』米輝

『替り目』米團治

『秘伝書』米紫

   〈中入〉

『質屋芝居』米團治

 

今年、新しくできた納骨堂「光彩殿」の前で野村住職と(^0_0^)。

 

終演後、美味しいお寿司を振る舞っていただいた後、私は大阪・生國魂神社(いくたまさん)へ戻り、“射的”のブースでお客さまを迎えました。


  私が射的に興じていると、


 人気キャラクターの“ひこはちくん”がやってきて、射的に挑戦。


 タバコを撃ち落として、ガッツポーズ!

 

まつりの初日は、二回ほど夕立があったものの、楽しく進行しました。“射的”のブースにも沢山のお客様がお越し下さいました。「いつもブログを読んでますよ」と、お声掛けして下さる方が多いのに驚きました(^0_0^)  ありがとうございます!

 

2日(日)も彦八まつりは賑々しく行われそうです(^ー^)

 

私は午前中は射的のブースに居り、昼からは「関西二期会ゴールデンガラコンサート」の初日公演のため、和歌山県田辺市の紀南文化会館に向かいます。田辺の皆さん、宜しくお願いしますm(__)m