トップへ

2012.08.30 「父の骨折──、ご心配をおかけします」


新聞各紙に「人間国宝で文化勲章受章の落語家、桂米朝さんが26日夜、兵庫県尼崎市の自宅で転倒し、第4腰椎圧迫骨折のため、入院した」と報道され、多くの方々からお見舞いのメールやお電話をいただきました。心より感謝申し上げます。そして、ご心配をおかけして、どうもすみません。

 

いつぞや、新聞に「米朝に亀裂!」という見出しが出た時は、アメリカと北朝鮮の問題のことだったのですが、今回はホンマに桂米朝の骨折でございます。でも、大したことはなく、2週間ほどで退院できると思います。

 

新聞によっては「重傷」と書かれていたものもあったので、心配して電話して来られた方が多かったみたいf(^^;  訊けば、「軽傷」とは1週間以内の怪我を指すんだそうです。したがって骨折はどんな場合でも「重傷」となるんだとか…。でも、今回の怪我で重傷と言うのはちょっとオーバーではないかな…というのが家族の見解。それならば──、その間を意味する「中傷」という呼び名を作ったらどうかと言うたんですが…。やっぱり、患者をいじめてるようでイマイチかな(^_^ゞ

 

いずれにせよ、ご迷惑をおかけすることになると思いますが、何卒ご容赦下さいませm(__)m

 

そうそう、どこからともなく、「骨折した父の面倒をみるために、息子がかなり骨を折っています」と言ったという噂が流れていますが、全くのデマです。そんなこと一切、口にしていません。腹に持ってるだけ…いや、違う。何も思てませんよ(^o^ゞ 一日も早い快癒を祈っております(^∧^)


こういう時にこそ、アンドロイドが動いてくれたら良いのにねf(^ー^;