トップへ

2012.08.16 「ホームページ開設2周年!」


皆様、お蔭さまで「桂米團治公式サイト」を創設して2周年を迎えることができました! これもひとえにご愛読いただいている皆様のお蔭と、厚く御礼申し上げますm(__)m

 

完璧なまでのアナログ人間の私。当初は「1ヶ月続くかなぁ」と、不安で不安で仕方なかったんですが、フタを開けてみると、なんのなんの…いつしかブログはほぼ毎日更新している状況に発展して行ってしまいました(^o^ゞ かつては日記を書き出しても、必ず三日で途絶えていた私なのに…

 

やはり、誰かに読んでもらっているという充足感がブログを続ける原動力となっているのでしょうね。でも、時には「早く次を書かねば…」という強迫観念に苛まれることもあります(~_~)゛ 今後、もし、間があいても、せっつかないで下さい(^^ゞ

 

ご意見・ご感想がおありの方は、どうぞ[メール]にアクセスして、何なりと入れてやって下さいませ(^人^)

 

この2年間で変わったのは、ブログの中の写真の量が増えたこと。書き出した頃は殆んど文字ばかりでした。が、次第に写真挿入の味を覚え、グラドル一歩手前まで行ったこともありました(^^ゞ

 

逆に、変わっていないのは、文章が長いこと。縮めようと思うのですが、なかなかどうも…。3年目は“節文字”に向けて頑張ります!

 

ところで、1回目のブログのテーマは「女性」でしたが、2周年の今日の話題も「女性」です。


 

 

実は、女性がテーマの落語の雑誌が出たのです。高田文夫さんが編集長を勤めておられる『落語ファン倶楽部』の最新号(Vol.17)の特集記事が「落語の女子力、大研究!」。インタビュー形式で、いろんな噺家が落語に登場する女性の魅力や、女性の演じ方などを語っています。で、そこで私も喋っているのです(P.52~P.55)。今回、インタビューを受けているのは、私以外、全員江戸の噺家。上方からは私だけ。嬉しいような、恥ずかしいような…(^^ゞ


 

 

只今、雑誌を見ながら女を磨いています(気色悪ぅ~)。

 

興味のある方は、ご覧あれ☆☆☆

 

『落語ファン倶楽部 Vol.17』 白夜書房 2500円

 

これからも桂米團治のホームページ、並びに高座をご覧頂きますよう、よろしくお願い申し上げますm(__)m