トップへ

2012.08.07 「今年の『彦八まつり』は9月1日~2日」


大阪落語の祖、米澤彦八に敬意を表し、上方落語をご愛顧いただいている皆様へ感謝の気持ちを込めて、毎年9月の第1土曜~日曜に生國魂神社で開かれている「彦八まつり」が近づいてまいりました。今年は9月1日~2日。そして、本日(6日)、生國魂神社の境内で「彦八まつり」成功に向けての祈祷と記者発表が行われました。


  

 

第22回となる今年の実行委員長は林家小染さん。先代の林家小染師に入門し、師匠の死後、その名を継いだのが平成8年のこと。昨年、息子さんも染八という名で噺家となり、今や林家の一翼を担う存在となった彼が考えた今年の祭りの目玉は、「噺家による奉納相撲」の復活と、上方の落語家をイメージした歌の制作。

 

特に、歌に関しては、話がどんどん進み、作詞を三枝改め文枝会長が、そして、作曲をキダ・タローさんが引き受けて下さったのです! しかも、無償で☆☆☆m(__)m

 

これがまた、実に素敵な曲なんですよ♪ タイトルは『エブリデイ KAMIGATA・RAKUGO』──、稽古場で普通に歌っているだけで、自然と感動の涙がこぼれてきます。6日の記者発表の席でも、稽古場で録音したものを聴いていただいたんですが、記者の皆さんにとても好評でした(^0_0^)  9月1日のオープニングには、キダ・タローさんもお越し下さるとのこと。当日は華やかな大合唱が繰り広げられることと思います。ご期待下さい☆☆☆♪


 
落語の稽古以上に熱心な歌稽古風景。