トップへ

2012.07.21 「南天襲名記念の米朝一門会 in 岸和田」


21日(土)は私、大阪府岸和田市にある浪切ホールでの米朝一門会に出演しました。朝日新聞主催による落語会。今回は「桂こごろう改め、二代目桂南天襲名記念」と銘を打っての公演です。そのため、最初に襲名のご挨拶の幕を設けました。

 

その幕には南天君を中心に、師匠の南光兄さん、ざこば兄さん、そして月亭可朝兄さんまでが加わります。司会進行の大役は私です。


 
可朝・ざこば・南光・米團治。貴重なフォーショット(^ー^)

 

可朝兄さんは、先代の林家染丸師匠に入門されるも、途中から米朝門下に移られ、桂小米朝という名で研鑽を積まれ、昔の上方の大きな亭号を復活させるべく、月亭可朝となられた米朝一門の異色の筆頭弟子でいらっしゃいます。生まれて間もない私を「子守」と称してアルサロへ連れて行ったのも可朝さん。賑々しい顔ぶれで襲名の挨拶を終えた後、落語会に移りました。

 

「襲名ご挨拶」南天・南光・可朝・ざこば・米團治

『道具屋』雀太

『看板のピン』米團治

『鹿政談』南光

『野ざらし』可朝

   〈中入〉

『妻へのぼやき』ざこば

『動物園』南天

 

このところ、小ホールには独演会などで何度か出していただいていましたが、今日は大ホール。でも、3階席まで1300人を越えるお客さまがぎっしりと詰め掛けて下さり、誠に嬉しい限りでした。ご来場まことにありがとうございましたm(__)m


 
豪華絢爛な大ホール!



お客様から沢山の岸和田銘菓を頂戴しました(^q^)

 

21日(土)は浪切ホールに出演したため、天満天神繁昌亭は休席しましたが、22日(日)はまた繁昌亭に出演します。どうぞよろしくお願いします(^0_0^)