トップへ

2012.05.27 「利久寄席復活!」


26日(土)は奈良県北葛城郡河合町にある河合町立文化会館まほろばホールに行き、「ニッセイエデンの園」が主催するイベントに参加しました。

 

ここは医療施設も完備された有料老人ホームで、開園20周年を記念して「講演と音楽の集い」が開かれ、音楽は奈良フィルハーモニーの弦楽四重奏と河合町立第3小学校の金管バンドが、講演では私が招かれたのです。

 

この日はエデンの園に入所している人だけでなく、地域の方々もお越しになり、和気藹々とした時間を過ごしました(^ー^) 講演のテーマは『いつまでも心に生きがいを』。まほろばホール一杯のお客さんの中で、私は思いの丈を喋らせていただきました。

 

客席には私の父よりも年上の方々が沢山おいでになり、みんな笑顔で私の話を聴いて下さいました。おしなべて男性より女性のほうが陽気でしたがf(^ー^;  皆さんの笑い声で、逆に私がパワーをいただいたようです(^0_0^)

 

講演を終えた私は、すぐに大阪府堺市に向かいました。「復活!利久寄席」に参加するために☆☆☆

 

南海高野線「堺東」駅前の商店街にあるうどん屋「利久」で23年間続いていた利久寄席が、店舗閉店のため、落語会も昨秋で終わりを告げたのです。ところが、近くに住む方々から惜しむ声が相次ぎ、一筋南にある文化サロン「富士カルチャーセンター」をお借りして開催することが決まり、その復活第1回に招かれたのです。

 

当日は100人スペースの会場が満員のお客さんで溢れ、大いに盛り上がりました(^ー^) 世話役の米平君、これからもおきばりやす!

 


利久寄席復活について米朝夫妻に報告する米平君。


しかし、うどんの「利久」さんは店じまいしたけれど、「利久寄席」という名前が残るというのも面白いもんですね。堺に利久あり!