トップへ

2010.08.18 「猛暑の原因」


今週はclosed(クローズド)の落語会を回っています。楽屋での会話はもっぱら「暑いなぁ~、暑いなぁ~」に終始しています。


皆さんはこの暑さの原因は何だと思いますか? さすがにこの頃、CO2だという人は減ってきました。私はかねてより(1999年から)KBS京都のラジオ番組で「二酸化炭素が原因なんて真っ赤な嘘。原因はフロンガスがオゾン層を破壊していることによるものだ」と指摘してまいりました。この話をすればするほど、私は友達が減ってゆきました(*^_^*)


いやぁ、確かに実証できる手立てはありません。思いつきと言われればそれまでです。でも、永久凍土が溶けるなど、まず高緯度での異常気象が次々に起こりだしたのです。(ここまで書いたとき、横にいる弟子の米市が「そういや、オーロラが頻繁に見られるようになったというのも関係があるかもしれませんね。オゾンホールが広がって、広範囲でオーロラが見えるようになったと聞いたことがあります」と言いました。落語をしゃべっている時以上に目を輝かせながら……) まぁ、彼の言うことですからどこまでホンマか分かりませんが、一考の価値はあるかも。ひょっとしたら、太陽からのエネルギーが強まっただけのことかもしれませんがね・・・。


暑さを凌ぐために部屋はエアコンをかけっぱなし。クルマも今やクーラーは必需品。冷蔵庫のない生活なんて考えられない。これらにはすべてフロンガスが使われているんですからね。先進国は代替ガスが使われているといえど、はたしてそれがオゾン層に影響を及ぼさないかどうかは分かりません。しかも、開発途上国では未だフロンガスの規制がなされていないのですから、これからどれくらいオゾン層が破壊されていくかと思うと、ゾッとします。人工的に涼を求めた結果、さらに暑さに悩まされるなんて…皮肉なもんですね。


あぁ、話がヒートアップしてきました。この話に熱中して熱中症にならないように、ここらで寝ます。クーラーつけて……。自分本位でごめんなさい。おやすみやす。