トップへ

2012.05.15 「劇団『新感線』観劇で、感激!」


13日(日)は、神戸・元町の神戸朝日ホールで「桂南天襲名披露公演」がありました。大阪人の私は神戸に行く度に、その街並みの美しさに感動を覚えます。

 

『つる』吉の丞

『癪の合薬』文我

『替り目』米團治

『月並丁稚』ざこば

   〈中入〉

「口上」

『鹿政談』南光

『青菜』南天

 

お洒落な街での襲名興行も無事終了(^ー^)

 

翌14日(月)は、フットサル仲間の有志が團治郎の年季明けのお祝いをしてくれました。まずは彼の大好きな劇団「新感線」を観劇。梅田芸術劇場での『シレンとラギ』の千穐楽公演のチケットを調達して下さり、大感激! 古田新太率いる劇団員に、藤原竜也・永作博美・高橋克実と言った凄腕のゲストが加わり、大いに盛り上がりました(^ー^) 千穐楽恒例の“配りおかき”もゲットし、大満足(^q^)

 

 

興奮覚めやらぬ内に、大阪・天満橋OMMビル20階にある中国料理「東天紅」での食事会が始まりました。春巻・カニ爪の揚げもの・エビのチリソース煮・酢豚…、どれもこれも美味しかった(^q^)  お酒は東天紅オリジナルの紹興酒(10年もの)がめっちゃ美味でした(^ー^)

 

 

僕は東天紅は大阪が本店だと思ってたんですが、東京だということを初めて知りましたf(^_^; 上野の池之端にあるんだとか…。今度、上野見物をする時に行ってみよう!

 

いずれにせよ、團治郎はいろんな人達から祝ってもらって、幸せな男です。せいぜい今のうちに、この“年季明けバブル”を味わっておきなさい。すぐに消えてしまうだろうから…(^0_0^)