トップへ

2012.05.06 「陽が長なりましたなぁ」


5月に入ってからのゴールデンウィークは私、ずっと大阪市内で寄席三昧でした。もちろん出演ですが、出番の無いときもフラッと聴きに行き、お客の気分で寛いでいました(^ー^)

 

大阪で毎日公演している所は「天満天神繁昌亭」だけですが、千日前の「トリイホール」も年々落語会の本数が増え、殊にゴールデンウィークの特別興行は他のホールに先んじて20年前から続いており、ミナミの風物詩の一つとまで言われるようになりました。また、ざこば兄さんが席亭を勤める「動楽亭」も月に20日の定期興行を開催していますし、八方兄さんも福島区のご自宅近くに「八聖亭」をお建てになるなど、大阪市内に“寄席小屋”が増えて来つつあります(^0_0^)  そして、今年は雀三郎兄さんの牙城である鶴橋の「雀のおやど」でも、ゴールデンウィークの特別企画が催され、どこの会場も活況を呈していたようです(^ー^)


     
上方ビルの4Fにあるトリイホール。      新世界の新名所、動楽亭の外観。

 小さくとも和気藹々となる鶴橋の「雀のおやど」の会場。


私も色々と回らせてもらいました。1日が動楽亭~TORII寄席、3日はトリイホール「文珍・楽珍二人会」の覆面トークに飛び入りで、4日は雀のおやどのゴールデン落語会、5日は繁昌亭の大トリで、そして6日は再び動楽亭に出演しました。そして、ほぼ毎晩酒宴で盛り上がりました(^ー^)


  鶴橋の居酒屋「大枡」で雀三郎兄さんと酒宴。



天神橋筋商店街の焼鳥の店「番鳥」で、笑福亭仁福兄さんや桂春雨君とともに盛り上がる私。

 

ちなみに、今日の動楽亭では桂わかば君がいろんな意味で凄い高座を勤めて、会場は爆笑に包まれました。詳しくは言えませんが(^o^ゞ

 

ゴールデンウィークを通して感じたことは、「陽が長(ナゴ)なったなぁ」ということです。夜の部が始まる時刻になっても、まだ明るい! なぜかウキウキしますよね(^ー^)


 
午後6時を回ってもまだまだ明るい繁昌亭界隈。

 

明日からは平日。殆んどの方は仕事でしょうが、私は明日(7日)また動楽亭昼席に出演しますので、時間と心にゆとりのある方は是非ともご来場下さいませ☆☆☆