トップへ

2012.04.25 「三枝会長が文枝襲名の挨拶回り」


ヨシモト100周年の今年、落語界でも大きなイベントがございます。桂三枝兄上が師匠の名前である桂文枝を襲名する運びとなりました(^0_0^)


7月16日の「なんばグランド花月」から始まる襲名披露全国巡業に先立ち、只今三枝お兄さまは挨拶回りに奔走されておられます。


23日(月)には武庫之荘の米朝宅にお越しになりました。きん枝兄さんを伴われ、吉本興行株式会社代表取締役の吉野伊佐男会長をはじめとする重役の方々がご一緒に米朝宅に入られる様子は壮観でした。


大相撲の横綱昇進発表の伝達式に見られるような挨拶が済んだ後は、「どうぞ椅子にお座り下さい」とお迎えし、応接間でしばし談笑しました(^0_0^)


嗚呼、思い出します、4年前のことを…。4年前のいま時分、私も小米朝から米團治に変わる直前、挨拶回りで東奔西走しておりました。黒紋付きに袴姿で、挨拶状にお配りものの扇子と手拭いを添えて、師匠連のお宅や芸能プロダクション、新聞社や放送局などを次々と回るのです。関西だけでなく、東京も…。そりゃもう、連日ヘトヘトになりました。


失敗談も数知れず…。春團治師匠のお宅を出て、文珍兄さんのお宅に向かう時、春團治師匠の家の前で携帯電話を落として、ご近所の方が春團治師匠宅に届けて下さった。そうとは知らぬ文珍兄さん、私のケータイに電話を入れたところ、「はい、春團治ですが」との声に、「またまた何言うてんねん。君は米團治やろ、アホやなぁ」「……」てなことになったりしましたf(^^;


まぁ、三枝お兄さまはそんな失敗はされないでしょうが、上方落語協会会長としての職務も沢山おありです。お身体に留意され、準備万端で襲名の日をお迎え下さい☆☆☆