トップへ

2012.03.17 「今、消費税率引き上げはアカンでしょ」


こんなに景気が悪くて、デフレが続いている時に、消費税率を引き上げる理由が私には分かりません。

 


あの日銀ですら、(たとえイギリスを助けるためであるにせよ)物価を上昇させる方向に日本経済を誘導すると言ったのです。


今、消費税率を上げたら、さらに景気が落ち込み、デフレ状態が続いてしまいます。


税率を上げて喜ぶのは誰か──。国際金融財閥の言いなりになって既得権益を守り、天下りに甘んじようとしている財務官僚や誤用学者…失礼、御用学者、すなわち竹やぶの中で平ぜんとニホンの蔵を世界に流している連中です。彼らの行動が私には許せないのです。


大企業とマスメディアも結託して消費税率を上げる方向への番組作りが進む中、孤軍奮闘で「反対」を唱えているのが小沢一郎さん。彼らからすれば、まさに目の上のコブ。だから、強制起訴にまで及んだんでしょうか。この件に関しては「小沢さん、ホンマに可哀想やな」と思ってしまいます。


無駄の多い“霞ヶ関”の根っこの部分にメスを入れたら、10兆円は浮くはずです。それで、消費税率引き上げによる増額分は充分賄えます。税率を上げる前に、“根っこ”を断ち切ることが先決!


大阪は現在、少なくとも財政建て直しに関しては、先鞭を切っているようです。今、救うべきは高給官僚でなく、国民であるはず。もっと言うと、日本であるはず。


一人一人の力は小さいけれど、皆が手を繋げば大きな力になります。今こそ、国際金融財閥に媚びへつらう輩(ヤカラ)の言うことには耳を貸さず、日本を守る人達の行動を応援しようではありませんか(^0_0^)


今、消費税率を上げる意味が私には全く分かりません。