トップへ

2012.02.17 「凄腕のラーメン鉢」


前回のブログで少し触れたバレンタインデーの贈り物の中にあった土鍋──、実に使い勝手が良かったです!

 

説明書を読んでみたところ、京都の「イン・ザ・ムード」という有限会社が考案した“ラーメン鉢”でして、鉢のまま直火で加熱したり、電子レンジに入れて調理することが可能な優れ物。鍋焼うどんや湯豆腐を初め、様々な調理例が記されてあります。インスタントラーメンもこれで作れば、そのまま美味しく食べられるのだとか…。

 

私は早速、石焼きビビンバを作ってみることにしました(^ー^) でも、ナムルが無かったので、冷蔵庫に残っていたササガキ牛蒡(ゴボウ)とキムチと玉葱のみじん切りと卵黄を具材に、ビビンバ擬きの石焼きごはんが完成。おそるおそる口にしたところ──、これがメッチャ美味しかった(^q^)

 
 変わり種、石焼きビビンバ。

 

 気を良くした私は、カレーうどんも試作☆ これもなかなかの味になりました(^q^)

 
 簡単カレーうどん。

  

不精者の私も、これでしばらくは料理に夢中になりそう\(^o^)/

 

虫養いにも重宝しそうです…そうそう、今の若い人には「虫養い」という言葉があまり通じないようですね。「虫養い」とは、空腹を一時的に凌ぐための少量の食べ物のことです。家で虫を飼うことではありません。腹の虫の欲求を満たすための食べ物という意味です。噺家のブログの読者諸氏には「釈迦に説法、河童に水練、真央にスケート」でしたね(^-^ゞ