トップへ

2011.12.04  「落語特別公演 in 宮崎 by 團治郎」


今回も師匠多忙につき、弟子が代筆を相勤めさせていただきます。

昨日ブログを書いた米輝に代わりまして、今日は、年上の弟弟子が出来て戸惑っている團治郎が担当します。

(彼のほうが4歳も年上なのに、僕が上に見られるのがたまに傷ですが…(–;))

  

今日は飛行機で宮崎へ行って参りました。宮崎は快晴で、暑いくらいでした。

  
南国へ来たなぁと思わせてくれる植物達

 

 大阪から宮崎まで、1時間で着くんです!早いですねぇ。文明の利器に驚かされます。

  

往復で2時間、

 滞在時間が3時間、

 師匠の出番が25分…噺家という職業は面白いですねぇ(^ー^)

  飛行機からの絶景!

 

 今日は江戸・上方落語家の共演、『東西名人会』。

 

『反対俥』小痴楽

『金明竹』たい平

『月並丁稚』ざこば

   〈中入〉

『桃太郎』米團治

『おすわどん』歌丸


 
出番前の出演者の皆さん(桂歌丸師匠、桂ざこば師匠、林家たい平師匠、柳亭小痴楽兄さんと一緒に写るウチの師匠)。

 

 ちなみに、今日はお囃子がCDだったので、僕は太鼓を叩く必要もなく…強いて言うならば、今日の僕の仕事は

 お弁当を食べることでした!

 ガッツリ、いただきました!!

 しかも二人前(笑)

(師匠が満腹で召し上がられなかったので)

 

めっちゃ美味しかったです(^q^) 出していただいた物は残さないというのも大事なコトです。

 

よく考えたら、お弁当を宮崎で食べただけという感じです……恥ずかしや(^^;)

次回は、舞台に出るぞ!  (團治郎)

  

米團治から一言・・・宮崎市民文化ホールは1800人収容の大きな会館でしたが、チケット売り切れの盛況で、陽気なお客さんのもと、私も陽気な高座を勤めることができました(^ー^) ご来場の皆様、そして主催の宮崎市芸術文化連盟の皆様、誠にありがとうございました! 次回は、泊まりがけで行くぞ!

 
降り立った瞬間に南国気分が味わえる宮崎空港。