トップへ

2011.11.24 「総合的介護施設の建設を目指す落語会」


24日(木)、京都市中京区のウィングス京都で「音希寄席~米團治落語会~」がありました。この会は、病気や怪我などで障害を抱える子どもからお年寄りまでのすべての人を対象としたケア施設を京都市内に作ろうという運動を続けているNPO法人「音希」が、その運動を知ってもらうため、また応援していただくためにと企画された落語会なのです。客席には普段は要介護の人を身内に持つご家族の方を中心に、多くのお客様で賑わいました。

 

両親ともに要介護状態である私は、決して他人事ではありません。日頃の疲れを取ってもらおうと、一所懸命、高座を勤めました。よね吉・吉の丞の二人も大いに盛り上げてくれました(^0_0^)

 

『動物園』團治郎

『ちはやふる』吉の丞

『七段目』米團治

   〈中入〉

『時うどん』よね吉

『くしゃみ講釈』米團治

 

終演後、そば処「権太呂本店」で食事をしながら、NPO法人「音希」の会長である住里良実さんから、介護に関するいろんな話をお聞きしました。とても明るく前向きな方で、介護に関する問題点にも陽気に取り組まれているお姿に感銘を受けました。

 

これからも微力ながら応援させて頂きます。がんばって下さいね↑↑↑

 
住里良実会長と並んで座る桂よね吉、桂吉の丞、そして私。
後列は「音希」の職員+桂團治郎。