トップへ

2011.10.02  「ワーク・ショップ付きの米朝一門会 in 松江」


2日(日)は島根県民会館での「米朝一門会」でした。この日は、前段にお囃子付きで上方落語を紹介するワーク・ショップの一幕を付けての公演となりました。米朝一門の若き精鋭である桂こごろう、雀喜、ひろば、そして三味線の大川貴子さんが舞台に登場し、笑い満載の解説を一時間にわたり行いました。30分休憩の後、落語会が開幕。


『大安売り』ひろば

『七度狐』雀喜

『稽古屋』米團治

   〈中入〉

『ちりとてちん』こごろう

『子は鎹』ざこば


いつも思うのですが、松江のお客様はとてもよく笑って下さいます。ホントに有難い限り(^ー^) トリのざこば兄さんはマクラでどんどん会場を湧かせ、『子は鎹』でホロッとさせて、お披楽喜──。お客と演者、ともに大満足の会だったと思います。会場から出雲空港~伊丹空港までホロ酔いの一行でした(^0_0^)

  鷺や鵜が飛び交う宍道湖。

 今年、開城400年で賑わう松江城。