トップへ

2018.02.08 《田中誠一さん出演 @ KBS京都ラジオ》


寒い日が続いていますね。北陸地方はドえらい雪で、大変。二日二晩、クルマに閉じこめられた人も沢山おられたそうで、辛労いかばかりか…。心よりお見舞い申し上げます。

吹雪時の走行は、たとえ自分のクルマが大丈夫であっても、どこかで一台、事故か故障で停まってしまうと、すぐに数珠繋ぎ状態となって、降りしきる雪が回復を大幅に遅らせてしまうのです。

0208①

思い出すのは、2010年の大晦日。びわ湖ホールでの「ジルヴェスター・コンサート」に際し、私は前日から滋賀県泊まりにし、吉川マネージャーにもそう促したところ、彼は「私のクルマは四駆ですから、当日入りで大丈夫です」と豪語し、案の定、雪による渋滞にひっかかり、10時間以上車内で過ごし、会場に来れずじまいになったことを。

その点、大阪の市街地は雪が積もることなど滅多にありません。

0208②

先月27日の全国的なドカ雪の日でさえ──。

0208③ 0208④
うちの近所は薄化粧に留まりました。

寒い日でも、雪の日でも、ゆったり寛げるのが映画館!

昨年の12月28日に、京都の出町枡形商店街でミニ・シアターがオープンしました。その名も「出町座」!!

0208⑤

「出町座」の代表でいらっしゃるシマフィルムの田中誠一さんが、KBS京都ラジオ「本日、米團治日和。」のゲストでお越しになりました。

田中さんは立誠シネマ(1993年に閉校となった立誠小学校の校舎で上映が続けられていた映画プロジェクト)で培ってきたノウハウを生かし、上京区の出町枡形商店街にミニ・シアターを設け、懐かしの映画を上映しておられるのです。

先月27日から始まった企画が「大映女優祭」☆

0208⑥

創立75周年を迎えた大映(大日本映画製作株式会社)で綺羅星の如く登場した数々の女優さんにスポットを当て、往年の名画を順次上映!

0208⑦

京マチ子さん、山本富士子さん、叶順子さん、藤村志保さん、若尾文子さん…といった大スターの若かりし頃の姿をスクリーンで観ることができるのです。

しかも、最新技術を導入し、映像のクリア化に成功。『浮草』『雨月物語』『赤線地帯』『鍵』…。毎日演目を変えての上映は、映画ファンならずとも垂涎の内容。

番組では、ここに至るまでのご苦労や、田中さんの映画に対する思い、京都と映画の関わりなど、多岐にわたってお話しをうかがいました。

0208⑧

7日(水)の放送は終わりましたが、14日(水)にも登場されます。お楽しみに!

尚、上映についての詳細は、出町座(075-203-9862)info@demachiza.comまでお尋ね下さい。