トップへ

2018.01.21 《佐久間良子さんとのトークショー @ 芦屋ルナホール》


0120細雪

20日(土)、兵庫県芦屋市の芦屋市民文化センター“ルナホール”にて、東宝映画『細雪』の上映会があり、映画上映の前のトークショーに私が招かれました☆

演劇評論家の河内厚郎さんの進行により、佐久間良子さんと私がお話しをするという特別企画!

0121②

谷崎潤一郎原作、市川崑監督による映画『細雪』が封切られたのは、今から35年前のこと。私はまだ入門四年目でした。桂小米朝の名で米朝の鞄持ちをしながら前座修業をしていた時に、映画出演の話が決まり、奥畑啓三郎…いわゆる「船場の啓ぼん」の役で銀幕にデビューしたのです。

もちろん映像の仕事など全く経験したことが無かった私。いきなり名だたる俳優さん女優さんと台詞を交わすことになるなんて…。

『細雪』は昭和13年の蒔岡家の四姉妹の物語。大阪・船場や阪神間が主な舞台。

長女役…岸恵子さん、次女役…佐久間良子さん、三女役…吉永小百合さん、四女役…古手川祐子さん。

私は四女(妙子)の恋人役だったのですが、次女(幸子)との絡みも結構あったのです。

0121③

35年ぶりの再会となった佐久間良子さんは、とても若々しく、優雅なオーラを放っておられました。

0121④

でも、とても気さくにお話し下さり、会場は終始、笑いの渦に包まれました。

料亭「吉兆」本店前でのロケの話など、佐久間さんは出ておられなかったのに、さもそこにおられたような雰囲気となり、大爆笑☆

沢山のご来場、心より感謝申し上げます。

佐久間良子さんは、今年の4月21日に東京・上野の東京文化会館で、西本智美さん指揮による音楽劇「卒塔婆小町」で小野小町を演じられるとのこと。どんどん新しいことに挑戦されるお姿を拝見し、私が大きなエネルギーを戴いたひとときとなりました↑↑↑

0121⑤

ちなみに、私はその前日の20日に芦屋ルナホールで独演会を開きます。『稲荷俥』『親子茶屋』『天王寺詣り』の三席、ご期待下さい☆

0121⑥

そうそう、芦屋ルナホールは約半年にわたる舞台設備や空調設備などの保全工事を終え、昨年夏にリニューアル・オープンしたのです。

0121⑦

「客席の照明が暗いですよ。もっと明るくならへんかな」と言い続けていた私の願いが叶い、今度の客席はグッと明るくなりました☆

0121⑧

さまざまな演出に対応できそうですね。春にはさらに明るく清らかな高座をお届けします。