トップへ

2011.07.28 「桂米朝展記念落語会」


新宿・紀伊國屋書店本店内の紀伊國屋画廊で開催されている「桂米朝展」を記念しての落語会が、紀伊國屋ホールで開かれました。


私は昼夜公演の昼の部に出演。米朝一門からはざこば・南光・米團治の三人。そこへ江戸の三遊亭圓歌・柳家花緑のお二人をお招きしてのオープニングトークから始まりました。


三遊亭圓歌師匠は米朝とは昔から何度も兄弟の契りを交わした間柄。ほのぼのとした逸話、過激な逸話を色々お話下さいました。私の母が独身時代に駒ヒカルという芸名でダンスチームの座長をしていた時の話までされ、「ひょっとしたら、この米團治は俺の子だったかもしれない」と言われた時は場内爆笑!


圓歌師匠と花緑さん、お忙しい中を親父のために花を添えて下さり、本当にありがとうございました(^0_0^)


桂米朝展は8月2日まで。入場無料です。お近くにいらしたら、是非お立ち寄り下さい☆☆☆


そうそう、この日は春蝶くんが立ち寄ってくれました。「今夜、銀座の落語会に出演するので、その前に伺いました」と、沖縄の“ぬちまーす”を手土産に…。私の「塩とコーラ好き」はかなり浸透しています。ちょうど、いつも携帯している「海の精」を家に置いてきたので、助かりました。春蝶、おおきに(^ー^)


二日酔いには水と塩舐めが一番。