トップへ

2016.11.27 《「五代目旭堂小南陵 & 四代目玉田玉秀斎 同時襲名披露公演 @ 国立文楽劇場》


25日(金)、上方講談界で二人の同時襲名披露がありました。

1127%e2%91%a0

四代目旭堂南陵さんの愛弟子である旭堂小二三ちゃんが旭堂小南陵に、同じく愛弟子の旭堂南陽くんが玉田玉秀斎の名跡を継ぐことになり、その御披露目興行が大阪の国立文楽劇場で行われ、私も出演したという次第☆

1127%e2%91%a1

いやぁ、さまざまな趣向が凝らされていて、実に楽しい襲名披露興行でした(^^)/

      司会:斉藤幸恵
「ジャズ演奏」 ドラム 上場正俊、ベース 神田芳郎、サックス 里村稔、ピアノ 石田ヒロキ
「祝歌『大阪で生まれた女』『ランナーの靴音』」 BORO
「漫談」 里美まさと
「立体講談『般若寺の焼き討ち』」 四代目旭堂南陵一門(南啓・みなみ・南照・南春・南桜・南鈴)
『扇の的』 神田松鯉
『安倍清明伝より、尾花丸誕生』 玉田玉秀斎
   〈中入〉
「口上」 旭堂南陵、旭堂小南陵、玉田玉秀斎、神田松鯉、桂文枝、桂春之輔、桂米團治
『七段目』 桂米團治
『金龍縄張問答』小南陵

この日は一龍斎貞水先生が急病のため、私が代演として落語を一席勤めることに…(^◇^;)

1127%e2%91%a2

当の二人はそれぞれ「中トリ」と「トリ」の役目をしっかり果たし、めでたく終演☆☆ 若き講談師のこれからの活躍を大いに期待する一日となりました。大きな拍手を送ります☆☆☆