トップへ

2016.10.04 《 嗚呼、久々にスカタンしてしもた!》


以前は数々の失敗をしてきた私。最近はなんの“しくじり”をすることもなく、平穏な暮らしをしておりましたが──。

先日、久しぶりに三枚目ぶりを発揮(^-^;) 大阪弁で言うところの「すかたん」をやってのけました。

1004%e2%91%a0

山口県長門市の文化会館“ルネッサながと”で開かれた「米團治 正蔵 二人会」へ向かう道すがら──。

新山口駅から会場まで送迎して下さったタクシーの運転手さんが「まもなく、この踏切を蒸気機関車が通りますよ。あと3分後ぐらいかな」と仰ったので、「そうか、山口線はまだ蒸気機関車が走ってんねや。皆、折角やから、見て行こ!」と、同行のメンバーを半ば強制的に誘い、クルマを路肩に停めてもらいました。

ほどなく、カンカンカンと警報機の音。

「わぁ~、グッド・タイミング!」と、俄然、色めき立った私は、少しでも良い角度で取れるようにと、草むらの中へ入って行き、例のガラホ(少しだけスマホの機能が付いたガラケー)を取り出し、カメラモードに切り替えて、汽車が近づくのを待ちます。

1004%e2%91%a1
ピィ~~~。

「おお、やってきた!」

私がガラホを構えて汽車を待つ様子を、後ろで三味線の浅野美希さんがスマホで捉えていたのです。その画像がこちら。

1004%e2%91%a2


1004%e2%91%a3


1004%e2%91%a4


1004%e2%91%a5

で、当の私はと言うと、最高のアングルまで粘って、「さぁ、今や」という時にシャッターを切ったのですが、ガラケーの場合、動いているものを写す時には焦点を合わすのに時間がかかることがあるのだとか…。0.5秒遅れでカシャっというシャッターの音。

私が撮った渾身の一枚は、これ。

1004%e2%91%a6
石炭を積む荷台の部分だけが写っていた次第(^◇^;)

1004%e2%91%a7

嗚呼…悔しい、哀しい、恥ずかしい。

久しぶりに、こけてしまいました(^^;)

1004%e2%91%a8

次回も…こけてみせます。こけなければ、桂米團治では無くなります☆