トップへ

2016.10.03 《「初めての上方落語寄席」@ ヴィアーレ大阪》


1003%e2%91%a0

2日(日)、大阪・安土町にあるヴィアーレ大阪にて大阪市職員互助会主催による「初めての上方落語寄席」が開催☆

1003%e2%91%a1

これまでは大阪市の職員およびその家族の方にお越し頂く落語会でしたが、今回は互助会が大阪市民の皆様にお声掛けをして、ご招待するという企画──。

二回公演、どちらも定員を遥かに超える申し込みが舞い込み、抽選となったそうです。

1003%e2%91%a2

ヴィアーレ大阪は満員のお客様で埋め尽くされ、前座から大賑わい(^^)/

【11時の部】
『子ほめ』 弥太郎
『看板の一』 ちょうば
『代書』 南天
   〈中入〉
『厩火事』 米紫
『算段の平兵衛』 米團治

1003%e2%91%a3
楽屋弁当で一息ついて、いざ二回目へ。

【15時の部】
『子ほめ』 弥太郎
『看板の一』 ちょうば
『火焔太鼓』 南天
   〈中入〉
『宗論』 米紫
『算段の平兵衛』 米團治

ご来場、ありがとうございました(^人^)

お客様の中には落語通の方も結構おられたようですが、初めて落語を聴かれた方は如何お感じになりましたでしょうか?

一口に落語と言っても、いろんな種類がございます。でも、なんの予備知識もなく一瞬にして想像の世界に入れるのが、落語の良いところ!

殊に、上方(カミガタ=京・大阪およびその周辺)の落語は「音曲(オンギョク)の入る噺が多い」というのが特徴です。

1003%e2%91%a4

また、どこぞで聴いておくれやす(^^)/