トップへ

2016.10.01 《「琉球村」での落語会 》


昨年に続いて、サザンビーチホテル&リゾート沖縄の主催による落語会に出演。仕事でありながらリゾート気分を味わいました(^^)/

今回は「南光 米團治 二人会」。南光兄さんと私、そこへ前座の團治郎と三味線の豊田公美子さんと今井マネージャーが同行する五人組。前夜(29日)に沖縄入りした我々一行をサザンビーチホテルの柳内和子支配人自らが那覇空港までお出迎え下さいました(^人^)

知念満さんの運転で沖縄県糸満市の海岸沿いにあるサザンビーチホテルへ直行。

着くなり、オリオンビールと白ワインと泡盛で歓待を受け、上機嫌で熟睡☆

翌朝は見事に晴れ渡り、爽やかな目覚めとなりました(^^)/

1001%e2%91%a0 1001%e2%91%a1
広々とした美ら海(チュラウミ)を眺めていると、突然、大きな虹が出現!

1001%e2%91%a2
5分も経たぬうちに消えたのですが、幸先の良さに心ウキウキ(^o^)

1001%e2%91%a3
今回は二日間にわたる行程。

1001%e2%91%a4
一日目は国頭郡恩納村(クニガミグン・オンナソン)にあるテーマパーク「琉球村」での落語会。

1001%e2%91%a5
まずは、ガジュマルの古木に宿るとされている妖精「キジムナー」が祀られてある黄金杜(クガニムイ)を参拝。

1001%e2%91%a6
ガジュマルの素晴らしさもさることながら──、

1001%e2%91%a7
芭蕉の大きさに感動! なるほど、これなら沢山の芭蕉布が生産できるはずや。

1001%e2%91%a8
ここには登録有形文化財に指定された古民家が多数あって、その中の一つ、築150年を誇る民家の和室がこの日の会場。

1001%e2%91%a9
少人数での贅沢な落語会は、笑いの神様が降りてきたかのような賑わいとなりました(^o^)/

『動物園』 團治郎
『稽古屋』 米團治
『ちりとてちん』 南光

ご来場、ありがとうございました(^人^)

1001%e2%91%aa
知念さんを囲んで、記念撮影☆

1001%e2%91%ab
終演後は「琉球村」を見学。

1001%e2%91%ac
さまざまな沖縄の古民家を拝見し──、

1001%e2%91%ad
民俗資料にも触れ──、

1001%e2%91%ae
郷土芸能を鑑賞。

1001%e2%91%af
最後は観光客全員が踊りの輪に参加。楽しいひとときとなりました☆☆

1001%e2%91%b0
一升瓶を頭に載せているのは、今年96歳のウメトばあちゃん!

いつもながら、沖縄には女性を崇める原日本の信仰が脈々と受け継がれているなぁと痛感した次第。

1001%e2%91%b1 1001%e2%91%b2
夜は那覇市内のお寿司屋「築地青空三代目」で、沖縄の食材を使った江戸前寿司を堪能☆☆☆

サザンビーチホテルに戻ってから、また飲み直し(^o^)/\(^o^) 自称「男女問題研究家」でいらっしゃる南光兄さん、舌好調のひとときとなりました(*⌒▽⌒*)

1001%e2%91%b3
これは「琉球村」で購入した打楽器の三板(サンバ)♪

部屋に戻ってからも、沖縄民謡のリズムを打ち鳴らし…明日も楽しむぞ?