トップへ

2016.09.25 《芦屋ルナホールでの木津川計さんの“ファイナル ステージ”に参加》


0925%e2%91%a0

23日(金)、兵庫県芦屋市の芦屋ルナホールで、文化芸能評論家の木津川計(キヅガワ・ケイ)さんによる最後のステージがあり、私も出演させていただきました(^^)/

木津川計さんは長年にわたり関西の芸能雑誌「上方芸能」を編集して来られた方。NHKラジオでも独自の文化論を展開し、今年81歳とは思えぬバイタリティの持ち主でいらっしゃいます。

数年前から芦屋ルナホールを中心に「一人語り劇場」なる舞台を続けて来られましたが、高齢になられたこと、今年の5月に「上方芸能」の出版を閉じたこと、はたまた芦屋ルナホールが改修工事に入ることなどを理由に、この春、木津川さんはルナホールでの「一人語り劇場」の最終回を遂行。

今回は「一人語り劇場」の内幕を語る芦屋ルナホールでの“ファイナル ステージ”となったわけです。

0925%e2%91%a1

ここは私も毎年独演会でお世話になっている所。微力ながら応援出演させていただいた次第。

0925%e2%91%a2
芦屋川の畔(ホトリ)に立つだけで、爽やかな心地になるのが不思議(^-^)

演劇評論家の河内厚郎さんの司会で開幕──。

講演「私の『一人語り劇場』の話」 木津川計
落語『はてなの茶碗』 桂米團治
   〈休憩〉
鼎談「上方芸能と桂米朝の偉業を偲ぶ」 木津川計 & 桂米團治 & 河内厚郎

ご来場ありがとうございました(^人^)

芦屋ルナホールでの「一人語り劇場」は終了しましたが、今後は神戸・元町の風月堂ホールでの公演が予定されているとのこと。

0925%e2%91%a3

木津川先生、お身体に留意され、さらなるご活躍を☆