トップへ

2016.08.12 《神谷神社の磐座》


今度は同じ京都でも日本海側の神社をご紹介しましょう。

京都府京丹波市久美浜町にある神谷神社は、小さいながらもキラリと光る神社です。

神谷と書いて「かみたに」と読みます。

香川県坂出市の神谷神社(カンダニジンジャ)とは全く別物。

0812① 0812②

兵庫県豊岡市にある兵庫県立コウノトリの郷公園を打ち過ぎて、京都府京丹波市久美浜町の神谷地区に入った所に、神谷神社は位置します。

0812③

古くは「太刀宮(タチノミヤ)」とか「神谷太刀宮」と言われ、延喜式の神名帳にも記されている古刹です。

駅前の「立ち呑み屋」とは全く関係ありません。

0812④

主祭神は丹波道主命(タニハミチヌシノミコト)、配神が八千矛神(ヤチホコノカミ≒大国主命)、天神玉命(アメノカミタマノミコト)、天種子命(アメノタネコノミコト)の三柱。

なんと──。

0812⑤
本殿から道を隔てた所に、いきなり巨石を発見!

0812⑥
古くからの磐座(イワクラ)信仰があったことがうかがえます。

0812⑦
岩と岩の間に佇んでいるだけで、得も言えぬ幸せ感に包まれました☆

すぐ傍には、綺麗な久美浜の海が広がって──。

0812⑧

太古においては日本海側が外交の玄関口だったんだなぁという思いを、改めて抱いた次第!