トップへ

2011.05.15 「新緑の季節ですね」


今日からまた横浜での稽古に合流します。

 

私は新幹線の席を予約する時、空いている限り、北側を指定します。 日射しを避けるためでもあるのですが、一番の理由は富士山を見るため! 都内からでも富士山を見ることができる東京の人には分かってもらえないかもしれないけれど、関西人にとって、東京へ行く時に富士山が見えるかどうかは人生における一大関心事になるのです。 見えた時は、それこそ天に昇る竜のような気持ちに(^ー^)

 

今日は朝からいい天気。 新大阪を出発し、ほどなく近江。 滋賀県の車窓も大好き。 広々とした近江平野が見渡せ、田植えに勤しむ人の姿。 “日本” を感じるひとときです。 今年は知り合いの農家から田植えのお誘いを受けたけど、時間が合わずに行けなかった。 来年こそは…と思っているうちに、列車はいつの間にやら名古屋を打ち過ぎ、静岡県へ。 すると、いつも見ている茶畑の緑がまことに綺麗のです。 新緑とはまさにこのこと。あぁ、美味しいお茶が飲みたいなぁ。 昔はお湯から淹れるお茶パックが新幹線でも売られていたのになぁと感慨に耽っているうちに、トンネルを4つ通った後、目の前に現れた日本一の山! 今日も美しい姿を拝むことができ、大満足(^ー^)

 

元気に稽古に励みます!

     
のぞみの窓から見た富士山