トップへ

2016.03.07 《「金澤演芸まつり」@ 石川県立音楽堂邦楽ホール》


6日(日)は石川県立音楽堂邦楽ホールで開かれた「金澤演芸まつり」に出演。

0307①

石川県立音楽堂はコンサートホールもあるオーケストラアンサンブル金沢(OEK)のお膝元。OEKの皆さんとは私も時々共演させていただいている間柄。

この日は丁度「オーケストラの日」のコンサートが開かれていました?

本来は3月31日が「耳にいい」という語呂合わせから「オーケストラの日」に決められているのだそうですが、OEKはその日が巡業中なので、前倒しで「オーケストラの日」コンサートを実施したのだとか。

0307②

和田一樹さん指揮によるOEKに、ジュニア・オケ(子ども達)や三味線や琴まで加わる楽しい企画☆

0307③
そこへ私も飛び入り出演!

司会の山田愛子さんに誘われ、クラシックに対する思いを語り、ラデツキー行進曲を指揮しました(^-^)/

「落語もクラシックも古典です」

そんな思いが具現化するのが石川県立音楽堂☆☆

0307④

邦楽ホールの「金澤演芸まつり」では、私の演じる『地獄八景亡者戯』の中になんとOEKの4人が登場することになったのです !!

落語の途中、せり上がりで弦楽四重奏団が登場した時の客席のどよめきは、想像以上のものでした(^o^)/

0307⑤

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章が奏でられ、拍手鳴り止まず。アンコールにジョップリンの「エンタテイナー」が添えられました♪

0307⑥

「金澤演芸まつり」は、せり上がりや回り舞台などの舞台機構を駆使し、さらにお客様を楽しませる工夫がなされていたように思います。

客席には小さなお子さんの姿も見受けましたが、皆、キラキラと目を輝かせて見てくれていたのが印象的でした☆☆☆

『道具屋』    米輝
「太神楽」    ラッキー舞
『厩火事』    ざこば
            〈休憩〉
「漫才」    西川のりお 上方よしお
『義眼』    南光
            〈休憩〉
「手品」    ゼンジー北京
『地獄八景亡者戯』    米團治

ご来場、心より御礼申し上げます(^人^)

0307⑦

西川のりおさんとは成田山の豆撒きではよくお会いしますが、寄席でご一緒したのは久しぶり。めっちゃ楽しませていただきました(^-^)

0307⑧
楽屋弁当も楽しませていただきました(^o^)

0307⑨ 

0307⑩

0307⑪

スタッフの皆さん、OEKの皆さん、多大なるご協力、感謝申し上げます(*’▽’*)

この日は出番が終わった人から順に特急サンダーバードに乗って帰阪の途に就きました。だもんで、私が最後となった次第(^◇^;)

マネージャー、三味線の大川貴子さん、鞠輔、米輝とともにJR金沢駅に向かいます。やはり車内販売が無いので、構内で酒類を買って乗り込んだところ、松尾貴史と遭遇。彼はテレビ番組の収録で来ていたのだとか。

0307⑫

座席を向かい合わせにし、居酒屋「サンダーバード」に早変わり。最近の芸能界の話で大いに盛り上がり、2時間半があっという間に過ぎました(*^o^*)

明日からもまた元気に仕事に励みます(^^)/