トップへ

2016.02.29 《沼津寄席「桂米團治 林家たい平 二人会」@ 沼津市民文化センター》


狂言オペラの興奮も冷めやらぬまま、すぐに次の仕事に向けての行動開始。ドイツの一行は関空へ、茂山ファミリーは京都へ、そして私は米原駅から新幹線で静岡県沼津市へと向かいました。

翌28日(日)に開催される沼津寄席「桂米團治 林家たい平 二人会」への出演!

夜9時過ぎに三島駅に到着したところ、制作会社イーストンの加藤社長がわざわざホームまでお迎えに来て下さり、「よろしかったら、沼津の美味しいものを」と、小料理屋さんに誘って下さったのです。「じゃあ、少しだけ」とお店に入った私──。

0229① 0229②
いやぁ、駿河湾の新鮮な魚介の数々に、すっかり元気になり、燗酒とともに二時間近く饒舌にまくし立てました(*^o^*)

0229③

おそらくスタッフの方々のほうが「本番は明日なのに…」と心配されたことでございましょう(^◇^;)

0229④
翌朝は愛鷹山越しに富士山を拝むことができました(^人^)

0229⑤

沼津市民文化センターで、林家たい平さんと合流。

0229⑥

照明・音響チェックの後、美味しい鰻丼をよばれ、いざ開演!

昼夜とも温かいお客さまに恵まれ、皆、よく受けました(^o^)/

【昼の部】
「トーク」    米團治&たい平
『動物園』    吉の丞
『幾代餅』    たい平
            〈中入〉
『地獄八景亡者戯』    米團治

【夜の部】
「トーク」    米團治&たい平
『犬の目』    吉の丞
『稽古屋』    米團治
            〈中入〉
『抜け雀』    たい平

ご来場まことにありがとうございました(^人^)

0229⑦
終演後、今度は「双葉寿司」の寿司桶が出てきて、大満足(*^o^*)

0229⑧

帰りの新幹線の時刻ギリギリまで楽しく過ごしました( ^o^)(^-^*)

スタッフの皆様、ありがとうございました_(._.)_

次は、さらにゆったりした旅をさせていただきますね(^^)/