トップへ

2016.02.07 《西宮市制90周年記念文化行事「西宮90年祭」》


6日(土)は、兵庫県西宮市の市政90周年の記念イベントに招かれました。なんと司会者として!

0207① 0207②
会場は西宮市民会館アミティホール。

さすが西宮市──。俳優の生瀬勝久さんやオリンピック・メダリストの奥野史子さん、バレーボール全日本女子チーム前監督の柳本晶一さんなど、西宮に縁のある方々を招き、音楽とトークで綴る華やかな式典が3時間15分にわたり繰り広げられたのです。

そんな豪華な式典の総合司会を託されたのですから、光栄の至り(^人^)

西宮市制90周年記念文化事業「西宮九十年祭」──。西宮市民会館アミティホールは満員のお客様の熱気で沸き返りました(^o^)/

0207③

【第1部】
ピアノ独奏「ハンガリー狂詩曲  第2番」    岡田将
主催者挨拶    西宮市長  今村岳司
来賓祝辞    西宮市議会議長  大川原成彦
来賓祝辞    兵庫県阪神南県民センター長  松田直人
ビデオ上映「西宮市制90周年  明日の西宮をつくる」
感謝状受賞者紹介

【第2部】
トーク「挑戦し続けること」    生瀬勝久  (聞き手  桂米團治)
金管五重奏    ブラス・アッシュ(Tp 林辰則  新穂優子    Hr 三村総徹    Tb 竹本裕一    Tu 川岸三哲)
            〈休憩〉
座談「トップアスリートに学ぶ    ~市制100周年に向けて~」    奥野史子    柳本晶一    今村岳司  (進行役  桂米團治)
ソプラノ独奏「スタンド・アローン」「春の声」    高橋優羽  (ピアノ  加藤英雄)

長丁場であったにも拘わらず、会場にお越し下さった西宮市民の方々は、終始笑顔で90周年の式典を盛り上げて下さいました(´V`)♪    感謝申し上げます(^人^)

文化都市としての西宮を大いに感じた次第☆☆☆   

舞台転換の合間に、私は「そもそも西宮という言葉の語源は何ぞや」とか「西宮には原始信仰の対象であった磐座が沢山ある」といった話を交えながら式典を進めました。

それにしても、生瀬勝久さんはカッコよかったなぁ(^-^*)

0207④
楽屋弁当も美味しかったです( ^o^)/

沿岸部だけでなく、市域はうんと北のほうまで伸びている風光明媚な西宮──。市制100周年に向けて、さらなる西宮市の繁栄をお祈り申し上げます(^人^)