トップへ

2016.01.27 《茂山童司さん出演 on KBS京都ラジオ 》


今は亡き大蔵流狂言師の茂山千之丞さんが生前ずっと育てて来られた“狂言オペラ”の演出を、今回私が担当することになり、只今稽古に励んでおります(^^)/

これまでに、モーツァルトのオペラを色々と狂言仕立てで上演し、殊に「魔笛」はドイツでも絶賛されたという優れもの!

ブレーメンの木管八重奏団と、茂山家の人々による“狂言オペラ”は、想像を絶する面白さがあります☆☆☆

今回は、ロレンツォ・ダ・ポンテ脚本、ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト作曲による歌劇『コシ・ファン・トゥッテ』の狂言化!

モーツァルトの作品ゆえ、自称「モーツァルトの生まれ変わり」である米團治ならできるだろうと、脚本と演出を任された次第(^◇^;)

オペラを狂言に書き換えるなんて作業は全く初めて。去年の暮れから今年の初めにかけて、死に物狂いの日々を過ごしました。

ようやく出来上がった台本を茂山家の皆さんは見事に演じて下さいます。曲に合わせて動く細かい仕草など、お手のもの!

狂言師の皆さんの阿吽の呼吸により、華麗な所作が生まれ、私はいつも観客のような気持ちで笑わせていただいております(^-^*)

殊に、茂山千之丞さんの孫にあたる茂山童司君の“ひらめき”は大したもの。33歳という若さながら、私の脚本の不確かな箇所を端的に指摘し、新たな提案を出してくれるのです。

0128①

まさに陰の演出家!    そんな彼を私はKBS京都ラジオの「本日、米團治日和。」に招き、二週にわたり、さまざまな話をうかがいました( ^o^)(^-^*)

放送は終わりましたが、狂言オペラの本番はこれから!

2月の後半、愛知県豊田市を皮切りに、全国6ヶ所を巡業します(´V`)♪

19日(金)14時、愛知県・豊田市コンサートホール
20日(土)14時、愛知県・豊田市コンサートホール
21日(日)14時と18時、福岡県・宗像ユリックスハーモニーホール
23日(火)18時半、岡山県・津山文化センター
24日(水)18時半、大阪府・NHK大阪ホール
25日(木)18時半、東京都・すみだトリフォニーホール
27日(土)15時、滋賀県・彦根市文化プラザ

狂言オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」の配役は次の通り。

太郎冠者(フェルランド) …… 茂山宗彦
次郎冠者(グリエルモ) …… 茂山逸平
日於留出利惟児(フィオルディリージ) …… 茂山茂
銅羅別良(ドラベッラ) …… 茂山童司
出素妃以奈(デスピーナ) …… 茂山正邦
主人(アルフォンソ) …… 網谷正美

そして、演出であるはずの私も、いろんな形で登場します(^◇^;)

なかなか面白い「コシ・ファン・トゥッテ」に仕上がりつつありますよ(^o^)/

0128②

只今、京都の茂山千五郎宅にて稽古の真っ最中↑↑↑

0224NHKホール

お問い合わせは、(株)ヴォイシング06-6451-6263までどうぞ!