トップへ

2016.01.26 《NHK「演芸図鑑」の収録、無事終了!》


25日(月)、桂文珍さんと林家正蔵さんが交代で司会を勤めているNHK総合テレビの「演芸図鑑」の収録は無事終了しました(^^)/

この日は“演芸部分”の収録だったのですが、雪による交通渋滞を警戒して、前日に東京入りした私。

でも、朝起きたら、雲一つ無い晴天!

0126①

足どり軽く心も軽く、スタジオへと到着。

すると、この日の共演者の一人でいらっしゃった古今亭志ん輔さんが「昨夜、なんとか長崎から帰って来れました」との仰せ。そして、訊けば、入船亭扇遊さんは福岡空港で六時間“缶詰状態”だったとか。私より東京の人のほうが大変やったんや(^◇^;)

この日はまた桂文楽師匠ともご一緒させていただき、そこへ立川生志くんも加わり、楽しいひとときを過ごすことができました(^^)/

さらに、廊下で俳優の渡辺徹さんと遭遇!    「あなたは演芸図鑑で喋ったほうが似合うんとちゃうのん」などと談笑しているうちに、いざ本番──。

「漫才」    ザ・パーフェクト
「落語」    生志
「落語」    志ん輔
「コント」    チョコレートプラネット
「落語」    米團治
「落語」    文楽

演目は観てのお楽しみ。皆、大いに受けました(^o^)/

落語以外の若手二組も、実に面白かった!

チョコレートプラネットは昨年のNHK新人お笑い大賞を獲得しており、ザ・パーフェクトはNHK-BSプレミアムの「笑けずり」での優勝者。期待の星の二組です☆☆

放送日は未定なのですが、現在「演芸図鑑」の放送枠は日曜の朝5時台なので、健康なお年寄りしか見られないかも(^0^;)    お若い方もタイマー録画などで観てやって下さいませ。

一口に高座と言っても、スタジオでの収録、寄席や演芸場、ホール落語会…と、その形態はさまざま。それぞれで演じ方は微妙に異なりますが、お客様あればこその芸能であることに変わりはありません。

0126②

これからも、どんなスタイルであれ、しっかり高座を勤める芸人でいられるよう、がんばります↑↑↑