トップへ

2011.04.27 「チャリティー落語会 in サンケイホールブリーゼ」


27日、大阪・梅田のサンケイホールブリーゼで、東日本大震災の復興に向けての 「米朝一門チャリティー落語会」 が行われました。

 

昼夜2回公演の中で、米朝一門の殆んどの噺家が出演! 私は昼の部に参加しました。 落語あり、噺家による漫才・踊り・和太鼓あり、それぞれ賑やかに演じた後、最後に我々の品物によるオークションが行われました。

 

私は盛岡の東家さんからの 「わんこそばセット」 を出しました。 というのも、以前から米朝独演会などで盛岡を訪れる度に東家さんでお蕎麦を食べていたご縁で、今回、復興のためのオークションをするという旨をお知らせしたら、「よろしかったらウチの商品を提供します。 使って下さい」 と、小包ならぬ大包が米朝事務所に送られてきたのです。 開けてみると、あの上等な秀衡塗りの器、南部鉄の灰皿、お盆などが一つになったわんこそばセットです。 もちろん、東家さんの美味しい麺 (乾麺ですが) 付きです。 私が電話で 「こんな上等なものをいただいたら申し訳ないです」 と言うと、「いえいえ、そのお気持ちが嬉しいです。 その代わり、盛岡の宣伝をして下さい。 観光客の方はうんと減ってしまいました。 でも、岩手は良いところですから、皆さん是非お越し下さいとお伝え下さい」 とおっしゃいました。

 

昼の部にお越しいただいた皆様! 東北の方の思いを感じ取っていただけましたでしょうか? 私は東北の方々の気持ちに立って喋ったつもりです。 皆さん、是非とも東北にお越しあれ! 原発問題は別ですが、それ以外については、東北を旅するということがこれからの何よりの支援だと思います。

 

その 「わんこそばセット」 に、私の色紙・扇子・手拭い・湯呑みを添えてお出ししました。 競り落として下さいました方、誠にありがとうございました!

 

さて、オークションは異様に盛り上がり、最後に米朝師匠がサプライズで登場し、色紙・手拭い・浴衣地・文化勲章受章記念の湯呑みの4点セットを提供。 えらく盛り上がって幕を降ろすことができました。

 

義援金募金活動に協力して下さいましたお客様、本当にありがとうございました☆☆☆ 寄付金額は米朝事務所かサンケイホールブリーゼのホームページに掲載されると思います。 (ちなみに、ウチは「必要経費」という名目でごっそり削るということなど決して致しませんので、ご心配なく)

 

改めて、東家さんにお礼申し上げます。 なるべく早くお店に伺いますね。 そして、息の長い支援をさせていただきます☆☆☆

   
被災地で被災者の支援を続けておられる東家さん、これからも美味しい味を届けてください◯