トップへ

2015.11.04 《陶芸家の近藤高弘さん出演 on KBS京都ラジオ》


毎週水曜日17時半からKBS京都ラジオで放送している「本日、米團治日和。」――。

1104①

先週から今週にかけては、陶芸家の近藤高弘さんをお迎えし、楽しい話をお届けしています(^o^)/

京都市東山区出身の近藤高弘さんは、東山高校時代、卓球の選手としてインターハイで優勝し、国際大会にも出場したほどのスポーツマン。

卓球の世界で約束されていた人が陶芸家の道に転身されたというのは…、やはり血が騒いだのでしょうね。お祖父さまの悠三(ユウゾウ)さんも、お父さまの濶(ヒロシ)さんも、そして伯父さまの豊(ユタカ)さんも陶芸家。

その豊さんの死がきっかけとなり、26歳の時に卓球人生に別れを告げ、陶芸の世界に入ります。

京都府立陶工職業訓練校に通い、一からの修業を開始。しかし、次第に頭角を現し、清水焼の茶碗を作る日常から、独創的な道を歩むようになります。

1104②

殊に、斬新な“銀滴”という手法では特許を取得!

また、護摩法要の火で陶器をつくるなど、驚くべき発想で新たな作品を生み出されています。

火・土・水を基調とした地球規模の活動「アース・ワーク(earth work)」は、目を見張るものがあります。

只今、清水焼を広く世界に発信すべく、東山区の茶わん坂で「わん・碗・ONE」というイベントを開催中。

茶わん坂の「近藤悠三記念館」に行けば、面白い発見ができるかも☆

実は近藤高弘さん、私と同い年(昭和33年生まれ)であることが判明。そして、俳優の近藤正臣さんとは親戚(高弘さんのお父さまが正臣さんと従兄弟)にあたることも分かりました。

1104③

ラジオスタジオでは、同い年同士の爆笑トークが炸裂σ(^◇^;)

(一週掲載が遅れてしまいましたが)4日(水)の放送をお楽しみに(^^)/